ページ

2011年2月9日

想像するMac OS X Lion

Macworld 2011 - どうなる? Mac OS X LionとMacの未来を予想 マイコミジャーナル
Mac OS X Lionを真剣に想像している状況は何とも楽しそうだ。

少し前の決算では台数であっさりとiPadがMacを超える状況を目の当たりにして、MacBook AirのイベントでのBack to the Macというキーワードも注目を集めていた。
何か変化の渦中にいるワクワク感というのは分かる気もする。
Lionはそれほど大きな変化をしないとは思うものの、Appleのビジョンのための準備や仕掛けには期待したいところ。

自身としては、iOS 4.0以降にマルチタスク機能の管理がユーザーに委ねられたのがパソコンっぽいので未だに好きになれないが、iOSはそもそもパソコンのようなファイルツリー構造やデータファイルを意識させないインターフェイスと使い易さはかなりインパクトがあったので「シンプルモード」は面白いなと。

0 件のコメント: