ページ

2011年2月3日

はじめからiPhoneは独占契約じゃない

ソフトバンク、2010年4~12月期決算説明会を開催、孫社長がiPhoneやiPadについてコメント APPLE LINKAGE
そうなんですか、いやはや。

はじめからiPhoneは独占契約じゃなかったというのも驚いたが、日本円で購入できるアプリがAndroidは6000、iPhoneは30万というのも驚いた。
Androidアプリは、更に機種依存を考慮するとこの何分の一もしくは何十分の一になるんだろう。
まあiPhoneも3GSと4でも機種依存は存在するので、表現としては間違ってないなと。


日本へのiPhone上陸は独占契約ではなかったということなんで、ドコモにおいてはもはや完全に話の折り合いがつかなかったレベルの状況とみて良さげ。
ということでこれまでの経緯としては、何だかMicrosoftのスマートフォン対応みたいに、自らの正しい力量で後手を踏んでいるという感じだな、と。
日本のトップキャリアなんで、下位キャリアの好調な取り組みを、企業体力にかまけて後追いするというのもアリだしね。

しかしこれで、ドコモが方向転換していなければ、今後ドコモからiPhoneが出るという可能性は無い、と言い切れる。
独占契約だからドコモ頑張れと思っていたのに、これじゃねぇ。

0 件のコメント: