ページ

2010年12月17日

Macソフト、Reederに頑張ってほしい機能 Readability

MacのSafariでリーダーという便利な機能がある。
広告やサイドカラムを強制オフにして記事と写真のみをレイアウトよく抽出してくれる。
command + R + shiftがショートカットキー。
ChromeやFirefoxにも同じような機能のアドオンがあるよう。

iPhoneアプリでは、無料時限の有料アプリSiteViewerが同じように複数ページに渡る記事を抽出しオフラインでも読める、というかなり便利なのがある。
Google readerクライアントアプリではないRSSリーダー。


で、似たような機能が現在ベータ版のMacソフトReederにもある。
右ペイン下のReadabilityというボタンをクリックする。
もしくは、操作はカスタマイズできるが、標準ではトラックパッドでピンチアウトする。
これはReederの右ペインのスクショ。
記事の部分をピンチアウトすると以下のスクショに。
しかしSafariのリーダーと違って、複数ページを読み込めない、画像が読み込めないケースがある、続きを読む...のリンクは潜れない、など微妙な状況になっている。
ここまでやっているんだから、Safariのリーダー並の機能を期待したいところ。

0 件のコメント: