ページ

2010年11月16日

Windows Phone 7の操作はサクサク

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/027/27812/
以前もどこかのレビューをみたことはあるが、改めてみてもWindows Phone 7の操作はサクサクだ。
端末メーカーによるOSのカスタマイズがほぼ無理らしいので、全機種でこの操作性が確保されていると考えられる。

米国初日販売4万台という数字をマイクロソフトも訂正とかしてないようで、大手メディア曰く供給不足とのこと。
今は一般消費者のスマートフォン需要増傾向にある中で、知名度も申し分ない米国で、売れない訳はないと思っていたが。
しかしというかKINという前例でメーカーやキャリアが尻込みしたんだろうか、とも思う。

正式には日本未発売。
現在の海外モデルは日本語の入力ができない。
何とも不安な情報ばかりだがもっと安心させてくれたら、少しはiPhoneやAndroidの需要抑制につながると思うんだが。
しかしマイクロソフトは、日本でのWindows Phone 7の需要には規模が出ない、と算段しているんだろう。

iPhoneは既にガジェット好き需要を超えて婦女子へ広まりつつあるらしい。
Androidは機種増で選択の幅が大きく広がって、選び放題。
週間販売ランキングに顔をだすキワモののauのIS01は、月8円運用で端末0円という何が目的なのという無茶ぶりも目立つが。
Windows Phone 7は、これだけサクサク動くんだから下手なAndroid製品より余程良いとは思うんだが、米国での販売成果や日本未発売含めてかなり残念な状況だ。
吉報はないんだろうか。

着々と脱獄されているようで、デザリングも隠されてはいるがOS標準で搭載されているよう。

0 件のコメント: