ページ

2010年11月25日

ソニーの日本対応電子書籍ビューワー Reader

http://mobaphoto.blogspot.com/2010/11/blog-post.html
ソニーが電子書籍ビューワー端末Readerの発表を行った。

未知な部分
日本で馴染みのない電子ペーパー E INK Pearlというディスプレイ。
所有のための前提条件としてパソコンが必要で対応はWindowsのみ。

良さげな部分
XMDFファイル形式に対応。
ビューワー端末だけでなくReader Storeというコンテンツも揃える。
ソニーポイント対応。


電子ペーパーディスプレイの電子書籍ビューワー端末としては、コンテンツありでKindleを出し抜けたのは大きい。
3GとWifiがないので、ガチでKindleとやりあったら負けるんではとも思ってしまうが。

一方、電子書籍ビューワーと考えず、ミュージックプレーヤーだと考えて電子書籍も見れるというスタンスなら結構なポジションになると考えてみる。
それでもBluetoothなし、バッテリー容量は不明、デザインが駄目と考え、価格としてはミュージックプレーヤーに少し上増する程度になる。

よく分からないのがディスプレイサイズ。
サイズからみるとiPadはあっという間に少数派になっている。
5、6インチというとスマートフォンの延長という感じでビューワーとして場所を選ばないように思う。
日本ではパソコンが電子書籍ビューワーとならず、携帯での利用がメインとなっていることを考えると5、6インチというのは読書専用ニーズへリーチするのに無理のないサイズなのかなと。

コンセプトが電子書籍ビューワー専用端末で3GやWifiを非搭載という総花的なスタンスとは真逆なんで、全部入りを好みそうな日本的なニーズと合致するのかどうかとも思う。

0 件のコメント: