ページ

2010年11月10日

MacBook Airのスタンバイ機能

MacBook Air Late 2010ではスタンバイモードが新しくなっているとのこと。

http://www.apple.com/jp/support/macbookair/
といっても何が新しくなったのかは知らん。
以下はコピペで、スタンバイモードに入る条件。
・バッテリーで駆動中である。
・USB デバイスが接続されていない。
・SD カードが挿入されていない。
・Bluetooth デバイスがその時点で登録されていない。
・外部ディスプレイが接続されていない。

MacBookユーザーだったが、スリープは機能しないように強制オフの設定にして、使い終わったら電源を落としていた。
余程のことがない限りスリープさせて持ち運ぶこともなかったし、そもそもスリープやスタンバイという機能は使わないようにしていた。
新しいMacBook Airを使いだしてまだ数日だが、使い終わると電源を落とさずスリープさせている。
スリープさせるからには、スタンバイという機能も知っておきたい。
自身で気にするところはUSBとBluetoothくらいか。

そういえば、ちょっと前は新しいMacを使い始めたら、ちょくちょくコミュニティーサイトを覗いては不具合情報などをチェックしていた。
最近はそういうサイトも見なくなったがまだあるのか知らん。
今では、Appleのサポートページを覗いて、欲しい情報がなければ面倒くさいがとりあえず米国サイトをみて、それからググるような案配か。

追記 11/10
・新しいスタンバイモードは従来のスリープ状態が 1 時間継続した後に開始します。
とのこと。

0 件のコメント: