ページ

2010年11月1日

iPhoneアプリ、Phoenix

iPhoneアプリ、縦スクロールシューティングPhoenixをプレイしている。
Game Center対応とのこと。
最初はプレイ人数300人くらいの時に60万くらいで3位だったが、あれよあれよという間に1万5千人くらいに増えてた。
自身は得点がなかなか伸びず、次にランクが上がったのが100万くらいの時で、その次に今回の点数になった。

オーソドックスな縦スクロールシューティング。
敵が落とすアイテムは自動的に拾えることになっている。
そのアイテムで武器が強化され、ボム系も拾った時点で自動的に発動する。
難易度や敵の倒し方によって落とすアイテムが増える。

たいてい当たり判定は、自機の真ん中や荷姿そのままだったりすると思うが、このゲームは敵弾の当たり判定が前方にある。
でもまあ、iPhoneゲームらしい、理屈にかなったシステムだとは思う。
自機の操作方法はセンサー活用ではなく画面タッチで操作するため、操作中は指で自機が隠れてしまう。
当たり判定が自機の真ん中だったりすると指で肝心なところがみえなくなり敵弾を避けづらくなる。
ということで、指に隠れない自機前方の飛び出した先端を敵弾の当たり判定にしている、のだと考えてみる。
最初は戸惑ったが、まあ慣れだろうと。

ゲームシステムが凄くシンプルだと感じる。
潔いという意味で。
しかし、ゲームを進めていく上で、ステージというか1面、2面とかの区切りがないので、疲れる。
得点は進捗の目安になるんだろうが、従来の考えからするとクリアが見えないゲームというのはちょっと困る。
Game Center対応ということで、ネットに公開した得点を競うゲームと理解すればいいんだろう。

2 件のコメント:

トシ さんのコメント...

はじめまして。
トシと申します。
iPhoneのゲームのPhoenixの応援キャンペーンを張っていまして、Phoenixの記事を片っ端から漁っております。
もしよろしければ私のブログから当記事にリンクを貼らせていただきたいのですがよろしいでしょうか。

fn-blog さんのコメント...

fn-blogです。
連絡ありがとうございます。
リンクをはっていただけるとのことで、よろしくお願いします。