ページ

2010年11月18日

iPhoneアプリ、Lightning Fighter

iPhoneアプリ、縦スクロールシューティングLightning Fighterの初級レベルをクリアした。
Game Center対応のシューティングということでプレイしてみた。
非常にオーソドックス。
初級レベルだからだろう、敵は後方から出現せず攻撃のパターンは多くなかったが、後半ステージの敵は多めだ。
操作性はキリッとしてないと感じるかもしれないが、速く動かせる。
腕に覚えのある人は中級レベルから始めるのがイイんだろう。

攻撃は前方集中にミサイル、前方拡散、前方集中に敵機ロックオンの3種類。
ボムは能動的に使えるが、敵弾が当たったら自動的に発動する。
ということでボムがなくなった状態で自機に弾が当たれば1機を失い、最大3機まで。

結構なまでに攻撃の種類によって、攻撃力に差がつけてあるのを感じる。
一番攻撃力が高いのは前方集中にミサイル。
前方拡散でボスに挑むと、倒すのに時間がかかる。

操作には、ティルトとタッチが選べる。
オプションの項目で操作方法を選ぶのではなく、ゲームスタート時に選ぶ、のかな。
ゲームスタート時はティルト操作になっていて、画面にタッチするとタッチ操作になった。
弾幕系でもないので、自機への敵弾の当たり判定は大きめ。

ボス直前の警告は、シューティングのお約束みたいなものだろうが、その警告時にプチフリーズを起こすが、アプリがクラッシュすることはなかった。

他、敵を倒したら、得点アイテムの宝石と攻撃パワーアップアイテムとボムなどが自動的に画面中央に漂うんだが、これによって敵の弾が見えにくくなっているので、初級レベルではヌルいと思っていても、そこそこイイ感じになるんでは。
漂うアイテムたちは、一定時間が経てば画面からいなくなる。

さらに他、画面右下にスペシャルな攻撃ボタンとボムのボタンがあるが、タッチ操作で画面右下にいくと時たまボムのボタンを押したことになってしまう、と思うので注意。

iPhoneアプリ、AstroWingsの怪しい人気とゲームバランスの悪さを聞いて挑んだが、Easyの最後だろう9面のボス2体目が倒せず気分的に暗かったので、Lightning Fighterを初級とはいえクリアできたのは嬉しい限り。

0 件のコメント: