ページ

2010年11月17日

HamiltonのPulsomatic

http://www.hamiltonwatch.jp/special/pulsomatic/index.html
ハミルトンのパルソマティックという腕時計が発売された。

関心はその駆動部。
自動巻で発電した電気を2次電池に蓄電し、これによってLEDを発光させる仕組みのよう。
駆動部においては既にセイコーがキネティックで実現して結構な年月が経っている。
今では手巻きでも発電可能なキネティックダイレクトドライブなるものもある。
どうも同じようだ。

LEDを時間表示に用いた世界初の腕時計とのこと。
ちょっと驚いたがディスプレイは液晶。
液晶は有機ELのような自発光ではないのでバックライトが必要になり、その光源がLED。
パワーリザーブは120日ということなんで、満充電以降は自動巻で発電しなくてもLEDを発光し続けて約4ヶ月動くということ。
肝は信頼性だろうが、自動巻に関してはムーブメントがETA社なんで問題なさそうだが、寿命が心配な2次電池、他にも耐磁機能とか大丈夫なのかどうか。

ようやっとセイコーの競合ができたと言えそう。

0 件のコメント: