ページ

2010年11月13日

エクリプス トワイライト・サーガ

エクリプス トワイライト・サーガを字幕で観てきた。
iTunesで映画が購入、レンタルできるようになったニュースで賑わっているが、何だか人が疎らの映画館に足を運んだ。

トワイライトのシリーズ3作目。
最初に1、2作目のストーリーを振り返るAパートがあった。
これが吹き替えなんだが滅茶苦茶ヘボイ吹き替えだったんで、出会い頭をへこまされた。

本編は背景のCG処理の不自然さが目立ったものの、ストーリーは良かったと思う。
ベラの気持ちを大きな軸としているのが、このシリーズ全体の持ち味。
バンパイアとオオカミいうファンタジー要素が下地であり見せ場なんだが、これら見せ場をつないでまとめているのはベラという特殊な人間。

アクションも見所の1つだが、人間目線になると目に見えない早さの演出になり、バンパイア同士だと見える早さの演出になるなど芸が細かい。

言い寄る2人のタイプの違いも目立つが、ベラの気持ちの微妙さ加減はもっと見物だ。
米国製作だからなのかその微妙さが少し直情的だなと映り、観ている自身は米国人ではないんだなと思った。

0 件のコメント: