ページ

2010年10月16日

気になるコトとモノ

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101013_iphone_accident_rate/
電波問題の時のように日本はあんまり関係ないのかどうか。
ガラケーをはじめ、iPhone以外のスマートフォンは結構なまでに外装はプラ板で覆われているようだが、せめてポリカーボネイトとかじゃないんだろかと思いつつ、それなりに理由があるんだろうと察する次第。
そんで画面がガラスというのは、光の透過率や汎用品であることなど諸々の理由で避けて通れない話だろう。
iPhoneの本体裏面がガラスであるというのは、製品コンセプトにおけるデザインとブランドイメージの比重が高いから、で間違いはないだろう。
他のスマートフォンの本体外装は、バッテリーを交換するため、そのカバーがガラス板だと実用的ではなさそうだし、破損のリスクが高すぎるとも思う。
自身としては、バッテリーは着脱可能であって欲しい。
まあでも、Appleらしさを踏まえても、よくぞガラス採用のデザインで頑張ったとその覚悟を褒めてもいいと思うし、ここまで尖った企業も他にない。
続々と出てくるAndroidやWindows Phone 7の本体をみても、そこらへんの拘りというかチャレンジする姿勢はほぼ皆無だし。
もっと市場が成熟してきたら素材で遊べるんだろう。
それだけ携帯電話の耐久性というのはリスクに挑めないシビアなものだとも言えそうなんでAppleの見切りが甘い部分も多いのかも。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1010/14/news078.html
スマートフォン分野での遅れを取り戻そうと必死なマイクロソフトだが、放っておいても企業需要は取り込めるようWindows関連との連携も充実してんだから、課題はコンシューマーユーザー対応だろうに。
翻訳記事だからってなあ、BtoB分野担当の人か。

http://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gLBT-AVOH01A/
Bluetoothのヘッドホン。
オーバーヘッド型には食いついてしまうが、バッテリー持続が短すぎる。
ジョギング用がメインだからか軽いことが重要なんだろうとは察する。
http://www.sony.jp/headphone/products/DR-BT101/spec.html
今使っているこれと比較すると、こっちが3倍以上重い。
一般的な用途で10時間くらいはバッテリーが続き、オーバーヘッドタイプ、Bluetooth 2.1以上で、スッキリデザインが欲しいと思ってみる。

http://item.rakuten.co.jp/ebinakaban/40/
海老名鞄のトート。
吉田カバンの協力会社のよう。
吉田カバンはあまりにも売れているので意識して選択しないようにしていたが、革のボストンバッグを探している時にロゴなしでそこそこなデザインと価格だったのを手に取ったら吉田カバンのだった。
で購入した。
そのボストンバッグと、海老名鞄のボストンがほとんど同じデザインなんで、もしかしてそうなのかとトキメいた次第。
価格が手頃なんでトートとARCOSのワイドに目をつけている。
ARCOSは前と後ろの収納がかなり使い易そうなんだが、デザインに華がないような。
トートもそうだが、底のゴム足はメタル鋲よりも軽快なデザインになっているのでいいんだが、実用的なのかよくわからんところ。
といっても基本的にデザインと使い勝手はよさげだとは感じている。

http://www.assiston.co.jp/?item=2049
引き続き、宙 -SOLA-。
標本箱木箱セットが注文できるようになっている。
マジで欲しい。

0 件のコメント: