ページ

2010年10月21日

Back to the Macに思う

MacBook Airが新しくなった。
初代のMacBook AirからユニボディのオールインワンMacBookに乗り替えた身には微妙な発表だったと思う次第。
さらに遡れば12inchのPowerBook G4を使っていた時期もあるので、11inchのMacは軽くてバッテリーがもつというのは嘘のようなMacな話だ。
マジで欲しいが、MacBookだけでもこと足りているのにiPadもあるし、マジで悔しいがMacBook Airは見送ることになる。
次の買い換えには、パソコンとタブレットが同等の選択肢になっていることは、まさか無いだろうし、充分にMacBook Airは選択肢の1つといえる。
が、現状では光学ドライブスロットがないので、既にパソコン1台持ちになった身にはオールインワンがコンセプトのMacBook、MacBook Proが選択肢になる。

しかしAppleの最近のバッテリーへの拘りは、1人のユーザーとして嬉しい限りだ。
Wifiで5時間というなら、非Wifiでは持続時間も伸びるんだろう。
iPadの良いところの1つとしてMacBook Airでもフィーチャーしてるくらいなんだから、iPadで驚いた、本当に10時間もつんだという同じ驚きが欲しいところ。

コンセプトという点では、事業に占めるMacの割合がiPhoneなどモバイル端末が主流になっている中、iPadやiPhoneのスタイルをMacに還元させるという、理屈的には王道な戦略をMacに適用しはじめたということのよう。
こういうのはマイクロソフトとはぜんぜん逆だなと思う。
マイクロソフトはWindowsという最初で最後の革新しか起こせていないので、新たに試みる新製品はすべてWindowsを流用したりInternet Explorerのパソコンバージョンに引きずられているので、イメージ的には老人、かな。
逆にAppleはiPod、iPhone、iPadと次々と革新を起こしている。
さらに逆にいえば、Macで再び躍進できなかったAppleには、関連する他の端末にビジネスチャンスをみたと。
こういうコンセプトも発表してその製品を発売したばかりなので、iPadなどの作法を取り入れるのが奏功するか受け入れられないかは、これから分かること。

一方で、Mac Apps Store。
iPadがでた当初はパソコンソフトの移植版がiPad向けに押し寄せると考えていたが、実際はそうならず、足踏みしているかと思っていたらMac用のApp Storeができてしまった。
タブレットでほぼ未開の地を開拓したiPadの受け皿は外付けキーボードだと思っているが、それがMacBook Airになるとすると、ちょっと高い買い物になってしまう。

しかしMacBook Airも今度はよく考えたもので、インストール済みのバックアップデータをUSBメモリに入れている。
初代のMacBook Airの時も同じことができたと思うが、その時はトンガったワイヤレスモデルとしてUSBメモリを使いたくなかったのか、当時はこの容量のUSBメモリが高かったのか。

追記 10/21
http://jp.techcrunch.com/archives/20101020a-compact-death/
市場でCDやDVDメディアが使われなくなれば代替ものが台頭する。
Mac App StoreやMacBook Air程度では殺す殺さないの話にもならないが、いつもAppleはキッカケをつくるという点ではアリだ。

0 件のコメント: