ページ

2010年10月19日

Appleがバッテリーを内製ですか

http://japanese.engadget.com/2010/10/18/10-7/
7型タブレットはダメという点。
競合はiPadを意識しているから7型になるんだろうし、iPadはラップトップと手でのタイピングの快適性を強く意識したということで、思考の出発点が違うんだろうと察する。

Flash。
Flashは締め出したが、HTML5でも結構なゲームができるというようなニュースも多くなってきているし、どうなることやら。

一番最後の部分で"バッテリーの化学組成・・・まで内製している"という点。
自身としては初耳だったが、一般的には初なんだったら、メディアの人達が直接質問しないから語ってしまったという案配か。
内製といっても、半導体のように、受託企業に専用製造ラインがあるという程度の話で、Jobsの言い方が大袈裟なのかも。
単なるソフトウェア的なバッテリーマネジメント技術を持っている程度だと思っていた。
以下、マジで内製しているとして。
昨年一昨年から、バッテリーで盛り上がっているのは電気自動車用の大型二次電池。
乾電池以外の小型分野はリチウムイオンへの推移も落ち着いているし、市場規模は主要需要の携帯やパソコンの需要とほぼニアイコールなんで、いわゆる市場的には成熟産業といえる。
が技術的には、革新の余地は大きいよう。
その主要構成部は電極、セパレータ、電解液くらいだろうが、そこまで突っ込んだ話なのか知らん。
バッテリーは信頼性が本当に肝要なんで、Appleが内製している、と聞くとオイオイオイオイ大丈夫かよ、とマジで心配になってきた。
今回の話からしてもMac用のバッテリーではなく、内製しているのはiPod以降のiPhone、iPadなどが該当するのか。
しかし、これらがバッテリー交換不可であるのと関係ありそうだし、そうなるとMacも交換不可になったことからもMac用も内製しているとも。
Jobs的には自慢したいんだろうが、iPod nanoとかで事故報告もあるし、逆に不安になる話だと思うんだが。

0 件のコメント: