ページ

2010年9月10日

iPod nano 6thを使ってみて

iPod nano 6thを使ってみた感想をつらつらと。

小さくて軽い、チープ感はギリギリないか。
好みでいえば、本体の塗装仕上げは艶消しの方がイイ。
クリップの力は強いが、厚みのあるものは挟めないだろう。

小さいのは良いことなんだが、左右にフリックするタッチ操作なんかのためには片手で持って片手でタッチするんで本体を保持するための無駄なデザインが欲しかったかも。
といっても今では、親指と中指で本体の対角をもって薬指で本体裏を支え、人差し指でフリックすることで、片手でも操作できる。
もしくは人差し指と薬指で本体の上下を持ち、中指で本体裏を支え、親指でフリックする。
体の大きい米国人は困ってそうだが。

音楽やラジオを聴いていて画面スリープになっても本体の音量ボタンは有効。

ケーブルを接続したままイヤフォンジャックを使うと、これらのサイズによっては干渉するのがあるかも。
遥か昔のものだが、オーディオテクニカのATH-CKM50は大丈夫だった。
そういえばカナル型のイヤフォンは2年前に購入したっきりだ。

iPod shuffleのケーブルをiPod nano 6thのイヤフォンジャックに挿したらどうなるんだろう、試したくないが。

イヤフォンジャックをiPod nanoに挿し込む時、本体の反対側を支えるが、そこにはスリープボタンがあるんで、つい押してしまう。
でもイヤフォンジャックを挿したらスリープ解除というわけではないので、挿す時に一緒に押して解除した方がいいのか。

MacBookにケーブルで接続していてiTunesを起動している時、何も操作せずにいきなりケーブルを抜くと警告が出た。
iPhoneやiPadとかは警告が出ないんだが。

音楽はシャッフルしてひたすら聴くのみなんで多くは求めない。
画面が小さいので階層を探るような煩雑な操作を省く為に、プレイリストとかアーティストとか曲とかアルバムとかのボタンがあるんだろう。

ラジオアプリもあるんだな。
Podcastと写真のアプリは使ってない。
音楽を聴きながら写真アプリは使えるのかどうか。
フィットネスアプリとは何ぞやと思ったが、歩数計だと。
時計アプリは、時計とストップウォッチとタイマーがあるが、どこかで使うんだろう。
ELECOMの液晶保護フィルム for 2010 iPod nanoを購入。
購入後に気づいたこと。
液晶画面の黒淵まで全部覆うフィルムではなかった。
左右にフリック操作をするんだから、黒淵までフィルムがないとフィルムの切れ端に触れることがあるので、違和感がある。
フィルムは1枚で、ヘラもクロスも入ってないが、まあね。
パッケージのiPod nanoのデザインが豪快に間違っているので、マガイモノな雰囲気も。
まあiPod nanoの発売日に発売しようというんだから、多少のアレは見逃すが、ちょっとヘボイなと。

iPod nanoのOSは、iOSじゃないんだな。
アップデートで増えるとすると、スクリーンセーバーはバッテリーを消耗するだけだし、ゲームをするには画面が小さすぎるし、期待しない方が良さそうだ。
あっても不具合の解消ぐらいか。

追記 9/12
警告が出る件は、iPod nanoをディスクとして利用する、というiTunesの設定をオフにすれば、警告は出なくなる。

0 件のコメント: