ページ

2010年9月1日

iPhone 4購入後、iPhone 3GSは辞書に

iPhone 4購入後、iPhone 3GSはほぼゲーム機として使っている。
iPhone 4のバッテリー節約のため。
しかし徐々に高精細で高速なiPhone 4でゲームをやるようになると、iPhone 3GSは英和辞書としての役割が多くなった。
英語対応しかしてないようなゲームでRPG とかをやる時はだが。

iPhone 4はマルチタスクになってメモリーも増えた。
しかしゲームをやるとそれだけでメモリーを消費するし、音はiPodが担当しているんだろうし、さらにメールのデータ取得をプッシュにしていると常時メールも起動してるようなもんだし。
そういう所に、アプリクラッシュの危険を冒してまで、マルチタスクを頻繁に使用するのもアホらしい。
脱獄してるんだから仮想メモリー対応にすればイイんだが、iPhone 4に対応してるかは知らん。
ということで、iPhone 4でゲーム、iPhone 3GSで辞書という役割に。
いつだったかApple創業者の1人が、マルチタスクが欲しいなら相応の台数を揃えればいい、みたいなことを言ってたのを思い出す。

iPhone 3GSはSIMなしなんで機内モードにしてるし、辞書もオフラインで完結できるウィズダム英和・和英辞典とかを使ってる。
インクリメンタルサーチはやっぱり便利。

iPhone 3GSを使っていると思う。
もしもの時のために、iPhone 4のSIMをiPhone 3GSでも使えるSIMゲタを購入しているが、これやSIMを取り出すための工具もiPhone 3GSと一緒に持ち歩ける便利なiPhoneケースがあればなと。

0 件のコメント: