ページ

2010年9月28日

日本の電子書籍の市場の内訳

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/yoake/20100927_396277.html
大要は既知だったが、そうですか、Amazonランキング上位はたいていタレント本か写真集なんで電子書籍でもてっきりそう思っていたが、回答が偏っているとはいえエロとコミックか。

携帯電話向けに流通している電子書籍の内情と推移が自明なら、タブレット向けのビジネスの転がし方も自明に思うが、まあタブレットの購入者層云々という話もあり既に一部のビジネス書やタレント本はiPad向けで結構売れているらしい。
といっても、単純にiPad向けでエロは参入できないらしいので、Androidのタブレットが出揃って始めてエロが動き出すんではと。
Androidマーケットでは、エロだろうがアングラだろうが、何でもアリらしいし。
Kindleの電子ペーパーでエロってよく分からんので、Kindleではエロは無しなのか。

ドコモ、au、ソフトバンクも、携帯電話向け電子書籍市場がほぼエロだという現状を静観してんだろうから、今動いているドコモの電子書籍もほぼエロっていうオチなのかどうか。

今まで携帯電話向け電子書籍市場の内情を知らなかったが、今も倍々でほぼエロが売れているというし、その流れを考えると、どうやらiPadは日本のタブレット向け電子書籍市場成長のためのスターターには成り得ないようだ。

0 件のコメント: