ページ

2010年9月27日

シャープのガラパゴス

シャープが電子書籍端末ガラパゴスを発表した。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/100927-a-2.html
OSはAndroid、画面は液晶、非3GでWifiのみ、電子書籍はXMDF形式で3万冊でスタート。

ローカライズとはこういうもんなんだろう。
ここまでちゃんと対応されると、Kindleは論外だとしても、iPadはあっという間に置いてけぼりにされそう。

3G非搭載ってのが思い切ってるなと。
これで通信キャリア経由のシャープ製電子書籍端末は今後ないと考えてもいいのか。
なんとなくだが機能非搭載というより、通信キャリアを避けてるのかなと。

これなら低価格にできるんだろうが、最初から低価格というのは期待薄だろう。
なにしろ電子書籍端末の国内大手メーカーでは先発になるんだろうし、XMDF形式であってePubとかの形式ではないことからもだ。
またパソコンとの接続が必須なら、それなりの購入者層を見込んでいるんだろうし。
もう新開発がないんだろうNetWalkerはいいとしても、10インチのでiPadと同じか少し安い程度だろうと想像してみる。

本体の容量はどうなんだろうか、フラッシュドライブだと思うが、SD系スロットもあるんだろうか。

シャープは既存資産としては、XMDF形式の電子書籍、液晶製造技術、とりあえずAndroidでのスマートフォンの実績など結構なものがあるし、ビジネス展開的にもぜひともこのレースでは勝ちたいだろう。
ソニーもあるようだし、これだけ盛り上がってくれば、電子書籍が売れさえすればだが、自然とiPad対応も加速すると楽観したいもんだ。

0 件のコメント: