ページ

2010年8月22日

日本と米国の電子書籍

米国の電子書籍市場は150億円規模。
http://www.sanspo.com/shakai/news/100820/sha1008201024012-n1.htm
日本は約600億円らしいんで、その差にちょっと驚いた。

以下、ぶつぶつと。

米国はパソコンと無線LANの普及率は凄そうなイメージがあったが、ブロードバンドとか携帯の機能や電子マネーとか果ては電子書籍まで、ヘボイのな。

一般的な経済の話では物によっては米国からBRICsへ消費の場が移り、なんて状況だが。
いや世界の主要な国別の電子書籍市場規模はどんなもんなんだろう。
もしかして日本がトップだったりして。
それなら電子書籍フォーマット形式の話の論点もちょっとは違ってくるのか。
書籍はその国の言語で記されているのが当たり前なんで、言語に適した電子書籍フォーマットがあってもいいとか、そういう話もあるんだろうが。

今の電子書籍市場の勢いは、KindleやiPadといった非携帯端末を源にした流れと見ると、一緒の市場だろうが分類して見る市場の話になるんだろう。

0 件のコメント: