ページ

2010年7月7日

ドコモのSIMフリー化、iPhoneはどうなの

ドコモが携帯電話のSIMフリー化へ、という話。

まず、現状の法律ではSIMフリーを義務化していないので、義務化されるまではドコモの一人相撲になるんだろう。
早々に発表したのは、ドコモがメディアと世論を味方に付けたいんだろう。
大手メディアは既にドコモの広告で言いなりだろうし、世論へはSIMフリーはユーザーにメリットがあるという分かりやす過ぎる話なんで良く理解されると踏んでいるんだろう。
SIMフリーになってもauは蚊帳の外の話だが、選択肢が広くないという意味でauが注目されなくなる度合いが今以上に顕著になるんだろうし、auとしては三つ巴の方がいいんだろう。

SIMフリーになったら誰得なのか。
キャリアではドコモ、モバイル向けの電波網インフラが整っているから。
まあでも、電波の土管屋に成り下がると通信料が価格競争になるのは確実なんで、業界の市場規模が縮小する。
市場規模が縮小すると、端末メーカーの開発費削減や撤退などなど負のスパイラルに陥る。
携帯電話の業界は成熟産業。
普及率が急激に伸びることはないし、世の中の景気も芳しくない。

端末メーカーは、単純に考えれば、ドコモとソフトバンクの両方に供給しているところが得になるのか。
開発費は、短期的には増えても、長期的には削減できるんだろう。
そんで海外の端末メーカーにとっては、今まで以上に日本市場へ参入しやすくなるんだろう。
Nokiaがカムバックするかも。
そうなると日本の端末メーカーは、海外メーカーとの競争で苦しくなりそうなんで、日本の端末メーカーとしては実は嬉しくない話なのか。

で、iPhone。
SIMフリーになったら、Appleは大歓迎。
AppleのビジネスモデルはiPhoneという端末を売ることが肝要なんで、キャリアに縛られても得はしない。
が、そうなると売り手へのAppleの無茶ぶりな要求が通り難くなる。

ドコモも大歓迎。
Appleとの煩わしい契約に縛られることなく、iPhoneユーザーに通信料だけ貢いで欲しい。

ソフトバンクは涙目。
iPhoneを売っても儲けは出ないし通信料で儲ける仕組みなんだろうが、通信料の大半がドコモに流れるんだろうし回収出来なくなる。
通信料が回収出来ても、価格競争になって、さらに薄利になる。
するとiPhoneを独占して販売している意味もなくなるので、降りるのも手だろう。

ということで、ソフトバンクはiPhoneのSIMフリー化には動かないと言われているし、自社に不利なことを指をくわえて見ているバカはいない。
ソフトバンクとしては、iPhoneでの収益構造の見直しができれば実利上は特に問題ないはずなんで、新たな交渉で新たな契約を結べばイイが、非常に難しいんだろう。

0 件のコメント: