ページ

2010年6月25日

iPhone 4を使ってみて 1

主にiPhone 3GSとの比較になるが、iPhone 4使用の感想を。

まずは芯を感じる重さというか、中身がつまっている感がある。
筐体デザインが角ばっているのでガラケーのホールド感を思い出す。
しかしガラケーのようなチープ感は全くナイ。
だから、早く革系のケースなど雰囲気に相応なアクセサリーが出揃って欲しい。

操作性は快適で、純正アプリでは引っかかるようなところがない。
既存ユーザーなら事前情報さえ仕入れていれば、操作で迷うことはない。
一方で出来ることが増えているので、虎の巻に目を通さないと、やっていることはiPhone 3GSと一緒になってしまったりするかも。
Safariのブックマークに最初から入っているiPhone User Guideを見るだけでも違ってきそう。

サードパーティーアプリは、起動しないものもある。
メモリ管理が甘くなるユーティリティー系アプリが多いのはiPadアプリと同じような傾向かと。
だもんでクラッシュに遭遇する機会も少なくない。

あとはバッテリーの持ちは結構イイ感じかも。
iPhone 3GSと同様で、画面は出来る限り暗く、プッシュは手動、Bluetoothはオフ、GPSはオフなどの運用だが。

マルチタスクは、ちょっと苦手かも。
iPhone 3GSではアプリを終了する時にホームボタンを押すが、iPhone 4だとホームボタン押しはマルチタスク入りを意味する。
パソコンでいうところのマルチタスクとは別物なんで、iPhone User Guideでは特にマルチタスクとは言ってない。
iPhone 4でのマルチタスクは、ホームボタン押しの時に主に一時停止して待機する。
バックグラウンドで動くものもある。
iPhone User Guidではこの一時停止したアプリ達を、最近使ったアプリの履歴を、という表現を使っている。
どうも私はこの一時停止状態が気持ち悪いので、スリープ前には全て履歴を消すようになった。
しかしこれが面倒クサイ。
シングルタスクが懐かしい。

0 件のコメント: