ページ

2010年6月1日

iPadのSafariでGoogle関連サービス

iPadのSsfariでGoogle関連のサービスを改めて使ってみた。

Reader
最初にアクセスした時、インターフェイスが間延びしていてiPadに最適化されてないんじゃ、と早々に匙を投げた。
iPhoneのと比較してみたが同じよう。
だもんで、iPadだと画面の端から端まで文字が並び、読みにくい。
該当ページのリンク先は、iPhoneと同様に携帯電話向けのページに変換されるので、ページに飛ぶテンポはイイ。
しかし、Readerが拾ってきた項目の閲覧性はあまり良いとは思えない。

Gmail
iPad向けに2カラム表示になっているんだが、現在は言語を日本語ではなく英語に設定することで反映されるよう。
これを機会に、よく使いそいうなサービスの言語は英語にした。
確かにiPhoneの時も英語でしか使えないケースは多々あったなと思ったが、私は躓いた。
Safariで利用しなくてもMailに設定すればいい。

Docs
iPhine版と同様で、パソコンで作成したファイルを閲覧することができるだけ。

Picasa
閲覧だけ。
アップロードのためのiPhoneアプリがあるがiPadアプリでは知らん。
アプリを使わなくても、iPhoneやiPadからメールで画像をアップロードできる。

Blogger
Safariで普通にブログの投稿、編集ができる。

現状では、iPadだとSafariからはGoogle関連のサービスは使いにくい、使えないと考えた方がよく、コツコツとアプリを探した方が無難だろう。
私としては、何故かパソコンと同程度に使えるんではという妄想を抱いていたよう。

0 件のコメント: