ページ

2010年6月5日

iPad、電子書籍で思うこと1

iPadが発売されて俄かに電子書籍にスポットライトがあたっているよう。
で、iBooksを眺めていると、日本向けでは現在のところ、ほぼ言語が英語で無料ものだけのよう。

しかしiBookstoreに書籍が並んでいる様は、何というか、どこか未来の国で読書が大幅に規制されている状況に出くわしているような感じがする。
表紙も中身の体裁も。
まあ並んでいる作品が作品であるから、わかるが。

要するに、 米国の大手出版社がこれ、もしくはこれと大差ない状況を懸念してiPadアプリもしくはiPhoneアプリとしてアクションを起こしたのなら、出版社の仕事や役割も分かるのかも、と思った次第。

0 件のコメント: