ページ

2010年5月18日

傾斜いるのかiPad

日本のApp Storeでは最近、書籍ものが上位に顔を出している。
iPad発売前の影響なのか、iPhoneで読書する人が増えているようだ。
iPhoneとiPadでは、読書体験も全然違うんだろうから、iPad発売しばらくも書籍ものの販売が賑わうのかも。

日本のiPadレビューでもほとんどの人が口にしているのが、iPadは重い、と。
米国のレビューで重いと言われているくらいなんで、日本人にとっても、やっぱり重いらしい。

そうなると、気になっているのがiPadのケースだ。
iPhoneケースのように、シリコン素材などで単に背面を覆うだけのケースは、さらにiPadの体重を重くしているだけ、のような気がしてならない。
というのもApple純正ケースのように、せめて傾斜を付けることができるくらいの機能がないと、持って使ってて重さを感じるようになると装着しているのが馬鹿らしくなりそう。
確かに家の中で使用するだけなら気にならないだろうし、家の中ならそこら辺に転がっているもので工夫すれば傾斜の件くらいなんでもないが。

ということで少し大袈裟だが、背面を覆うだけのiPadケースは緩やかに売れなくなるんではなかろうか、もしくは、iPadに傾斜を付けることができるような専用のスタンドが売れるようになる、と考えてみる。

0 件のコメント: