ページ

2010年4月3日

SIMロックフリー化

携帯電話やスマートフォンのSIMロックフリーの話題。

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、イーモバイルの各社の意見は、企業の主張なんで、自らの企業の利益や有利な状況が織り込まれてないと、そりゃ反論するわなと。
ユーザーの意向、なんて総務省への皮肉だろうにと思っていたが、義務化への防波堤なんだなと。

インフラが一番しっかりしているらしいドコモはキャンキャン吠えてないし、KDDIは通信規格が違うし勢いないのに加えてユーザー流出が怖いし、インフラが貧弱なソフトバンクとイーモバイルも同様にユーザー流出が怖い。
何より、SIMロックフリー化は、各キャリア企業の持ち出しが多過ぎるのに、それに見合うバラ色の市場も考えられず、むしろ低価格競争が起こってキャリアは通信の単なるパイプ役になる作業を粛々と進めさせられる羽目になるということか。

ほとんど今すぐの対応が求められているので、これが各キャリアの防波堤になり、ユーザーのSIMフリー化の意欲を削ぐ方便になると予想する。
各キャリアはSIMロックフリーを促進したところで、一時的に相対的な競争力がつくだけで、長期的にも何のメリットもない。
だもんで全力で食い止めにかかり、SIMロックフリーって海外の旅行者向けのサービスじゃないの、と錯覚させるまで頑張るんだろうとは思う。
極端にいえば、各キャリアがネガティブキャンペーンでも始めて、SIMフリーへ移行希望のユーザーを片っ端から脅し始めるんではないかと想像してみるが、実践されるのはコスト、手間の両面で利用を遠ざけてしまうんだろう。
というか現時点では、コストと手間が本当にかかるんだろうけど。

2007年に、2010年にはSIMフリー化に移行しますよと宣告してたみたいだし、3年かけてドコモ以外のキャリアは何も手を打ってなかったということか。

0 件のコメント: