ページ

2010年4月15日

iPad販売延期判断ハヤすぎねぇか

iPadの米国外での発売日が5月末に延期となった。
詫びいれてんだから、どこで予約ができるか、5月何日に発売するかとか、せめて価格くらい告知しろよ、マジで。

発売から10日程度で今回の告知になった。
予約数量は最初から分かっているし、だいたい最初の1週間が過ぎて販売の感触と今後の見通しを得たんだろう。
と察するにしても、どうにも判断が早すぎると思えてならない。
最初の1週間で判断する程に、本当に米国は供給不足といえるほどの事態もしくは兆候があるのかよ。
米国はこのニュースを知ってんのか。

だいたいからして米国外への供給といっても、最初の1週間はトータルで15万台程度の台数をおさえりゃ十分過ぎて問題ねぇだろうに。
海外流出は販売遅延に関係できるほどの数ではないだろうし。

と考えると、ただの製造に関してのトラブルもしくは部品供給の逼迫、製造メーカーで増産がフレキシブルにできない、となると仕方ないといえなくもないが。
他、各国の主要な出版社との交渉とか電波関係の法律認可がおりないとか、本当はAppleの秘密主義が原因で仕事はじめるのが遅く各国で結果が出てないだけじゃねえの、と黒く真っ黒く勘ぐってみたくなる。

すっきりした。

追記
米国はまず都市部で品切れが起こり、地方も品切れになってるよう。
供給体制は上方修正されたが、iPadに似た競合がなくてAppleもホッとしてることだろう。

0 件のコメント: