ページ

2010年3月9日

家、部屋が狭いとiPadは不要か

MacBook、iPhoneを持っていて、家が狭いとiPadがいらないような気もしてきた。

というのもiBookstoreが日本でオープンしない間は電子書籍のインパクトもないし、画面が大きくなったiPhoneもどきのiPadでできることは、iPhoneで全て代替できるのかも。
しかも、iPadを持ち歩かない派で家や部屋が狭いと、簡単に手が届くところにMacBookやiPhoneがあるもんだし。
米国の広い家の住人が考えだしたのかいな、と勝手に卑屈に考えてみたりする。

といっても、やはりパソコンと音楽プレーヤーと携帯電話のファブレス企業がつくる新しいタッチインターフェイスの端末とくれば試してみたくなるのが筋というもんだわな。
私はMacBookを膝の上でよく使っているが、それがiPadに代わっていくと考えればいいのかな、Apple的には。

0 件のコメント: