ページ

2010年2月16日

Windows Phone 7

MicrosoftがWindows Phone 7を発表したよう。
なんだか仕切り直しっぷりが、最後発の大物の新登場のようになっている。

現状の情報では、Apple、Googleをみた後の発表にしては驚きと開発者やユーザーのメリットが明確ではない印象が強い。
コピーの度が過ぎるので、AppleやGoogleとの差別化が余計に難しそう。

スマートフォンの市場が激変していく中で、OSを購入してくれる既存メーカーの皮算用もできてなさそうだし、いつもながら新規事業は採算の度外視っぷりが甚だしそう。
このご時世に改めてメーカーをどこまで引っ張ってこれるか、もしくは驚きのない後発なりに魅力をどこまで金銭と手間に換算できているのかがキモという身も蓋もない状況だと思うが、一人チキンレースにならなければいいが。

追記
動画をみたが、あれってSDKだから滑らかに動いてるのか、相変わらず見た目だけを整えようとしてるみたい。
メデイアは広告が入るんで提灯記事が続くんだろうが、仕切り直してるはずなのに肝心の切り札も何もなく、仕切り直したWindows Phone 7のハード採用には必要条件を設けましたって、やってることはVistaと同じかい。
もしかしてWindows Phone 7は前座で、次があるとか。
ハードの提携先が少な過ぎるだろうが、これをアプリ開発者がどう受け取るのか。

追々記
ハードを実際に操作しているデモもみた。
結構滑らかでした。

0 件のコメント: