ページ

2010年1月17日

右開きのSS700-SPEED1.0

HEADのSS700-SPEED1.0は、シャフトドライブ自転車だが、自転車進行方向右側はシャフトドライブ機構のため、クランクとペダルが左に比べても結構右へ出っ張っている。
その意味では、非対称の度合いが、チェーンの自転車と比較しても相当大きくなるといえる。
若い頃に乗ると、この癖がついてしまいそうだが。

バテバテで頑張ってペダルを漕いでいると、どうも左脛の内側が自転車本体のフレームにあたるので、気付いた次第。
3、4年はシャフトドライブ自転車に乗っているので今更だが、今まではそんなにスピードを出すこともなかったし、意識しなかったが、これは欠点の部類に入ると思うがどうだろう。

シャフトドライブ機構の小型化を期待したいところ。

0 件のコメント: