ページ

2010年1月29日

iPadのPRポイント

コンシューマーユーザーに受け入れてもらうためには、圧倒的な分かりやすさ、知名度などが重要なんだろう。
分かりやすさとは、価格やアウトプットされた効能のこと。

本は、単純に歴史を重ねてきて、既に空気のような存在といっても大げさではない。
電子書籍は、日本では、携帯電話で経験したり、携帯電話で読むことができるのを知っている、という程度の認識のものだろう。

この状況へ、iPadは、特に分かりやすさの点で駄目だろう。
販売する国によっては、あのベストセラーの小説やコミックが読める、というPRができない、ある意味分かりやすいほどに電子書籍端末ではない。
Apple関連に興味のある人にとっては、既に情報へ一通り目を通してそんなことは百も承知だろう。
iWorkも使えるしネット閲覧やエンタメ要素も高いし、細かい機能や自らが気になる点など数多くあるのだろう。

しかし、売る側や伝える側にとっては、極端にいって一言で説明できるポイントがないと、買う側にもポイントが伝わらない。
という点からも、PRポイントを捻出できるまでは、米国以外の多くの国で、電子書籍端末として見切り発車になるiPadのコンシューマー製品としての売れ行きは、長期にわたってスロースタートになるんだろう。
今後の競合製品の発売によって、必ずiPadもクローズアップされるだろうし知名度の点では問題ない。

コンシューマー製品として数多くさばける電子書籍端末として展開したいなら、出版社などとの地道な交渉とその成果の発表を続けていくしかないんだろう。
発表当初と発売当初こそ注目されるだろうが、電子書籍端末ではないiPadは、特に各メディアで扱いにくすぎる。
こんな当たり前な話をすっ飛ばして、Appleという知名度だけで売れてくれれば万々歳なことこの上ないんだが。

私は、iPhoneをJailbreakしてデザリングできるようにしているし家ではWifiだし、こうしたネットワーク関連の出来るだけ簡単な処方箋を出してくれればという他力本願な点がネックかも。
といっても、iPhone発売時は梅田のヨドバシカメラに徹夜で並んだくらいだし、ずっと様子見のAndroid端末より先にiPadを衝動買いする可能性が非常に高い。

0 件のコメント: