ページ

2010年1月31日

iPadへは皆が前向き

AppleのiPadは、確かに何何への試金石っぽく捉えられている。
それはネットブックへの対抗だったり、だ。

しかし、AmazonのKindleが築いた市場規模と今後の市場予測などがベースになっていると思われるが、AppleはiPhoneで既に築いている電子書籍のApp Storeがあるにも関わらず、改めてiBookstoreを構築し合わせてiPadを発表したのは、AppleがiPadを、AmazonのKindleの対抗に市場投入したから、というのは明白だ。

そこへAppleにはハードのメーカーとしてMacではなくiPhoneで握る市場シェアを背景にした、iPhoneOSのユーザー体験を移行して、Macの資産を活かして拡張しiPadに仕上げた。
iPhoneベースのOS用のCPUにはAppleの独自CPUを搭載している、というのはおそらく、次のiPhoneにも同じCPUを搭載する生産規模のコストメリットを先取りしているだけ、とみる。

ほぼ米国市場だけしか眼中にないようにみえるけど、新規事業としてリスクは非常に小さく、iPadは実に地に足がついている堅実な取り組みをしているとみる。

ネットブックへの対抗とかいうのは、ネットブックで台数ばかり増えて市場規模が拡大しないパソコン市場の現状への鬱憤と、同産業の新需要渇望の願望が、声高らかに叫んでいるようにみえるんだけど、どうだろう。

0 件のコメント: