ページ

2010年1月28日

iPadの最初の感想

Appleは電子書籍専用端末の市場で後発なため、iPhoneの操作性など既存の資産を目いっぱい活用した形のiPadを発表した。
電子書籍のために、まさにそのためだけに大きくしたような何ともいえない風体に仕上がっているなというのが、第一感。

バッテリー持続が10時間と長いが、リチウムイオンがどこに入っているかは端末を持つ上で結構重要なような。
基本的にバッテリーはホームボタン寄りにあると思うが、これは重心が良いものの、手に持つと保温に相乗効果があるので、何とも難しい。
そのため、端末を保持する奇抜なケースがでる予感。

あとはAppleにしてはキーボードなどオプションが豊富過ぎて逆に気持ち悪い印象だが、それだけマーケティングをやったということか。
あんな間の抜けたような印象のiPadをAppleが出すからには、社内意見が相当なまで反ジョブズだったのではないかと勘ぐるが逆なのか。
ユーザー体験からするとストレスのないiPhoneをそのまま移植するのは正当で、逆に普通の企業の行為のように思うがどうなんだろう。

しかし、これでiPhoneの次の姿も見えやすくなったのかも。

0 件のコメント: