ページ

2010年1月27日

今度は愛妻家

そういえば映画で、今度は愛妻家、を観ていたんだった。

最近、涙腺が弱いのを差し引いても、結構ウルウルくるものがあった。
シナリオが良さげで、要所での長回しのカットと豊悦のギコチナイ軽いノリとシリアスのギャップがイイ。
薬丸はちょっと何というか、カワイコぶりっこが見事に板についてない、筋肉ひきつったような演技で何ともいえないが、豊悦の軽いノリもギコチナかったので、まあね。
氷川の部分の比重が多そうなのも、あの台詞のためと思えば、まあ。

最後の終わり方はテレビドラマっぽかったものの私的にはイイ。
全体的にまとまりあったし、人参茶がキーになった無理のないスッキリとしている流れは良いんではないでしょうか。

0 件のコメント: