ページ

2010年1月2日

森博嗣のミステリィ


年末年始で文庫を5冊程読んだ。

森博嗣は遥か昔に読んだことがあるので、今西錦司のついでに調達していた。
言葉の使い方が文学っぽくなく良いのだが、絶対でてくる夢の部分は正直いってウザい。
文字数がすくないからアッという間に読み終わってしまうので、買い応えがなく、古本でも売れそうにないけど、こうした読み物がないと
ね。

0 件のコメント: