ページ

2010年12月31日

Kinectって楽しそう、など

既に各所で紹介されているが、新しいテクノロジーに順応する人とそうでない人という視点で、かなり読み応えがある。


何だか新しい動きが。


Apple Stream
Apple Streamについて
Macの手書き説明書の中の人が立ち上げているポータルサイト。


中国のコンテンツ事情がわかるJETROリンク集(2010年末) ASCII


Windows Phone 7 の Marketplace ハッキングまであと一歩? ななふぉ
2011年に日本に上陸するのかどうか。


iPadに話題集中の2010年、一番売れたノートPC&iPadは? BCN
ゴソゴソしていたらBCNにもタブレットというランキングジャンルがあると分かったが、Galaxy TabはスマートフォンでiPadはラップトップにカテゴライズされる。
未だに違和感がある。
ランキングなんだから比較対象がズレるとかなりシラける。
ユーザー目線に立たないランキングに意味はないと思うが、そこはいろいろと事情があるんだろうも思う次第。


ドコモのテリトリーはキャンペーンに飢えているのか知らないが、まあ結構な割安感があるのでGalaxy Tabがランキングに戻ってきた。



fn-blog
半年間は、泥臭くっても1日に1投稿と決めていたが、とりあえず出来た。
2011年からは、そうもいかない。

2010年12月30日

2010年12月29日

オリコンアプリランキング

オリコンがiPhoneアプリランキングを始めていたよう。
Androidアプリも。

EPUBが日本語縦書き対応に

電子書籍:世界標準、日本語も対応 EPUB縦書き可能に 毎日.jp
まだまだ電子書籍対応が進まない出版社側、16万冊規模の電子書店パピレスをはじめとした大手の販売側、一番認知があるだろうiPadをはじめとした電子書籍を読むのに必要な電子書籍リーダー端末。
鶏か卵かという話でいうと、今回の成果が生かされるかどうかは、一番最初に対応を求められるのが電子書籍リーダー端末だろうと思う次第。

ソニーのReaderなんかは直にメーカーが対応しないといけないだろうが、iPadなどはアプリ対応で十分そう。
AppleのiBookは対応が遅そうだが、独自アプリなんかはすぐに対応できるんだろう。


これで力関係が変わってくるのかどうか。
ファイル形式が一本化すれば、携帯電話のSIMフリー化と同じで土管化するのは電子書籍リーダー端末の方なので、出版社側や販売側が電子書籍リーダー端末メーカーへ依存しなければならない理由がなくなる。
競争で電子書籍リーダー端末の価格が下がれば、いずれは出版社側や販売側が専用端末を発売するだろうし。
コンテンツ主導の企画が進め易いし、ショバ代を徴収する立場も変わるのかも。
よく言われているが出版社側や販売側の専用端末からの閲覧だけ割安にコンテンツを購入できるようにすれば囲い込みはできる。

と、妄想はするが、要するにコンテンツに近いところがちゃんと儲けられるようになるのではと。
今はAppleやKindleとかがショバ代を徴収している。
そう考えると端末メーカーは利権を手放したくないので、端末メーカーの純対応は遅れると考えてみる。

追記 12/29
否、端末メーカーもソニーなんかは一早く対応するんだろうし、Kindleなんかはどうなるのか。

iPhone スカウターアプリ アップデート

iPhoneアプリ、Battle Power Checkerがアップデートした。
最新のiOSでないとインストール不可のよう。
iPhone 4にインストールしてないので動作確認はしていない。

アップデート内容のコピペ。
・アイコンの修正
・設定で、撮影後にすぐに測定する機能を追加
・カメラモードに背景画像を表示
・エフェクトの追加
・測定可能数値の向上
・多数のコメントの追加

最近はエンタメ系アプリの話題性がなくなったと感じるが、そういう段階なんだろうと思う次第。
AR系も微妙だし。


で、このアップデートはText Adventureというゲーム性のあるテキストブック? というリリース記念だから、とのこと。
そんなジャンルもあるんだな。

iPadアプリ、Angry Business Man

iPhoneアプリ、Angry Business Manをプレイしている、続き。
箸休めのつもりがなかなかどうしてハマる。
スコア361m。


・iOS向けらしいゲーム

モーションセンサー対応なので、iPhoneらしいゲームをしていると実感する。
傾ける動作の速さによってキャラの走るスピードも相当変化する。
当初はジャンプ時の挙動が変だと思っていたが、タップする時間の長さによってジャンプできる距離が変わり長押しする程に遠くへ飛ぶということだった。
また、ジャンプ中も傾ける操作に反応する。
何回もプレイしていると、この軽快な操作感はかなりイイと思える。


・左手でジャンプ操作

おそらく、プレイしている人の共通の操作になると思うのが左手でのジャンプ操作。
右手でジャンプ操作をしていると、進行方向に何が現れるか見えづらくなる。
だもんで左手は基本的にiPhoneの支えとジャンプ操作の役割になり、右手はiPhoneを傾ける操作を行うようになると思う。
といってもiPhone本体を360度回転させつつ操作することもあり、iPhoneの持ち手に拘りすぎると苦しい操作になる。

操作時は結構手が忙しく、iPhoneを落とすかもしれないので屋外でのプレイは控えた方がいいのかも。


・ユニバーサルアプリ

iPadにも対応しているユニバーサルアプリだ。
iPadだと重くて傾ける操作は疲れるが、一方で視界は広くなる。

iPhoneで縦持ちになると一番視界が悪くなるとともに、画面に見切られる率も高くなる。
が、iPadだと縦持ちでも少し余裕を持って操作できるように思う。
iPhoneで慣れてからiPadでプレイしてみたが2、3回のプレイでiPhoneの記録を超えることができた。


・大きく重いiPadでの操作

モーションセンサーがちゃんと反応するよう操作するには机などと平行にiPadを置いて傾けても上手く操作できない。
車のハンドルを持つようにiPadを持って傾ける操作をするとよく反応してくれる。

しかしiPadは重い。
iPadが独楽のように回転できる支持があるモニターアームなんぞがあれば楽だろうと思う。


そもそもiPadでプレイする場合だと、iPadの両端を支えている手はプレイ時のiPadの回転に合わせて支える場所を持ち替えるのがなかなか難しく、またジャンプのための左手親指タップが画面に届きづらい。
さらにApple純正ケースをiPadに装着したままだと、傾斜を確保できる便利フラップもiPadを持ち替える時に邪魔になる。

ということでプレイ時は裸のハンドル持ちで操作している。
iPadなら視界が広くなるメリットは大きく、iPad回転時の手さばき次第でスコアも伸びそう。


追記 5/6
このアプリの記録はいろんなポストで書き散らかしている。
OpenFeint対応以前はiOSゲームの記録更新、などにもポストしているが、初代iPadでプレイして602だった。
とりあえずアプリアップデートでOpenFeintに対応しているので再挑戦。
今回iPad 2でプレイして604と同じような記録だった。
プレイ人口が少ないんだろう、600台でトップ10に滑り込んでいる。

2010年12月28日

SamsungのAndroidポータブルミュージックプレイヤーGALAXY Player

サムスン電子、Android搭載携帯音楽プレイヤー「GALAXY Player」(YP-GB1)を2011年1月CESで発表へ GAPSIS.jp
詳細なスペックが明らかに。

当然ながら非3G。
Android Market対応。
供給が不安なんで液晶ディスプレイ。
Bluetoothは3.0+EDR。
内蔵ストレージは8GB、16GB、32GB。
microSDカードスロットあり。

iPod touchと同等の製品が大手メーカーからも出るようになると。
日本ではクリエイティブメディアからCreative ZEN Touch 2が発売のはず。
Creative ZEN Touch 2はAndroid Marketを利用できないが、その他は大丈夫らしい。
中華ロイドなら他にもあるんだろう。

Android Market対応はいろいろあるみたいだが、iTunesの音楽とアプリの充実度合いを考えるとiPod touchだと思うんだが。
何と言ってもAndroid OSというかなりマニアックなポータブルミュージックプレイヤーになるが、iPodシリーズやソニーのウォークマンシリーズへ影響が出るのかどうか。

iPhoneユーザーで、Androidアプリに興味がある人ならスマートフォンよりも低ランニングコストが魅力に。

iPhoneアプリ、Angry Business Man

iPhoneアプリ、Angry Business Manをプレイしている。
ゲームの箸休めにゲーム。

チャリ走は進むスピードが一定でジャンプが肝のゲームだが、Angry Business Manはモーションセンサー対応でiPhoneを左右に傾けてスピードを調節するのが肝で、たまにジャンプで障害物を飛び越え、画面を見切らないよう画面に見切られないように、おそらく延々と続けるゲーム。


絵と動きがなかなかどうしてシュール。
障害物を飛び越える挙動が少し鈍いと感じる程度で、操作感はすごく滑らかだ。
好みでいうと歩く効果音が好きになれない。

2010年12月27日

電子書籍リーダー端末の販売統計って

国内モバイルデバイス市場 2010年第3四半期の実績と予測を発表 IDC Japan
パッとしない話。

電子書籍リーダー端末の販売実績というのは出ないんだろうか。
GALAPAGOSやReaderが発売されて日も経っているが、量販のPOSも出荷や最終の売りなどデータはとっくにまとまっていると思うし取材するとか漏らすとかしてないのかねぇ。

明らかに低価格なソニーのReaderが結構売れているように思うがどうなんだろう。

追記 12/27
電子書籍リーダー端末は09年に米国で約300万台、中国で約380万台の規模らしいが。

2010年12月26日

最高機密 Paper

窮地に陥ったあなたの秘密を敵から守る、専用ペーパー 最高機密 Paper AssistOn
水に浸すと文字が消える、という大真面目なものらしい。

ネタグッズにしか思えない。

Safariで使えるブックマークレットReadability


で、今回Macソフトのベータ版Reederがまたアップデートしたというのでゴソゴソしていたら、HelpからReadability - An Arc90 Lab Experimentへのリンクがあった。
このリンクはReederに搭載されているReadability機能がSafariなどのブラウザのブックマークレットで使えます、というページ。

SafariはURL欄の右端にリーダーボタンが現れないとリーダー機能は使えないが、Readabilityだとどんなページでも適用できる。
といっても、複数ページへの適用は無理だし、使いどころは微妙なのかも。
iOSでも使えたが、普通に読みたい箇所をダブルタップしている方が動作が速い。

複数ページへ潜れるようになれば、かなり便利だとは思う。

iPadアプリ、ゾンビ インフェクション HD

iPadアプリ、ゾンビ インフェクション HDをプレイしている。
かなりネタバレだが。
これでようやく動物園IIをクリアした。
おそらくこれで12あるチャプターの折り返しくらいだろうと思う。
次はアレクサンドラ・レインがキャラになる。


・FPS系

ゾンビな人や動物や怪物を倒していくFPS系アドベンチャーといった趣きか。
ステージを歩き回って、ゾンビがいたら倒す。
銃を撃つ時はほぼ動けないので、なかなか敵の攻撃が避けづらい。

肝っ玉が小さいので、ステージを進むのに時間がかかる。
動物園のステージまでは視界を遠巻きにゾンビが現れるので特に問題なく進むだろうが、以降は敵のゾンビがいきなり現れるようになって、まさにゾンビものっぽい演出だなと思うが、心臓に悪い。
確かにゾンビがキョンシーだったら困るが、ビビリな自身にとっては嫌な汗をかくゲームのよう。
ということで、銃を撃つ時の位置どり、銃の選択、ライフの残量に気を配るのが良さげ。


・快適な操作

ストーリーを含めて壮大にパクっているらしいが、そういった既知のゲームを未経験なのでよく分かっていない。

iPadアプリはリリースして半年程経つが未だにバージョン1.0。
レビューは結構ついているのにバグがないのだろうか。
操作は、移動や視点移動など滑らかに操作でき、引っかかることもないしクラッシュしたこもない。
自身のiPadは未だにiOS 3.2.2。


とりあえずシナリオを進めることができそうなFPS系ということでプレイしている。
N.O.V.A.やモダンコンバットのシリーズもやってみたが、かなりアッサリと死ぬのでゲームにならない。
ゾンビ インフェクションで少しでも慣れることができればとは思う。

追記 12/27
動物園IIを終えてもまだ1/4を消化しただけだった。
シナリオは結構なまでに長いよう。

パンティ&ストッキングwithガーターベルト

アニメ、パンティ&ストッキングwithガーターベルトを観た。
13話が終わり、2期があるとのこと。

真面目に考えた。
「お前女だろ、女がしたいことをして何がいけないんだい」という婆さんの言葉にちょっとグラッときた。
そういう風にみると、これまでのハチャメチャさ加減も納得いくような気がした。
タイトルの釣り加減や視聴者がほぼ男であるだろうことも合わせて。

グロさも何かの対タブーなんだろうが、冗談抜きで気持ちが悪い。

2010年12月25日

HyperMacに動きあり、など

MacBook Air購入前後から気になっていたHyperMacだが、事態はとりあえず着地していたようだ。
その直前の購入レビュー。


電子書籍に読者は何を求めているか? ASCII.jp
Kindleのメインユーザーが50歳代というのは普通に驚くが、日本の電子ペーパーディスプレイ端末のユーザーはどうなるんだろうか。
海外市場の分析はアリなんだが、日本市場の分析に精をだしてほしい、とは思っている。


電子書籍を自炊できるレンタルスペースが開設 AKIBA PC Hotline!


うぉェ、積みゲーの1つだったが、ちょっと微妙な評価になっているよう。
といっても前作プレイユーザーとしてはアリのよう。


iOS向けゲームが15分で開発できる、高速HTML5ゲームエンジン「IMPACT」登場 TechWave.jp


Sony「次世代PSPはiPhoneから学んでタッチパネルを取り入れる」 ガジェットさん家
iPhoneユーザーとしてiPod touch的な用途へWindows Phone 7を期待しているが、その前にプレステフォンがリリースされるのは確実なのか。
開発姿勢は折れてしまっているよう。


【中国Android雑記】 第1回 中国のAndroid事情 GAPSIS.jp
上海Androidの会の中の人によるコラム。
10年第3四半期の中国ではAndroidスマートフォンのシェアが約半分で、台数にして861万台とのこと。
今後もこれらの中の売れ筋が日本に上陸し続けるんだろう。
そうなると日本のAndroidスマートフォンの価格下落は想像以上のスピードになるのかも。

2010年12月23日

電子書籍リーダー端末の大手プレーヤーにパナソニック

パナソニック, ワンセグ対応の電子書籍リーダーを来年投入 ringo-sanco
あとは、電子書籍リーダー端末の大手メーカーというとAmazonのKindleくらいか。

スマートフォンの鑑

携帯電話 週間売れ筋ランキング 2010年12月13日~12月19日 BCN
auのIS03は発売初週のみトップで以降はドコモの後塵をという案配なんで、ほぼ予想通りかと。
Galaxy Sは供給不足を解消したみたいだし。

Androidスマートフォンの供給力が強くなるのにともなってiPhoneが順位を落としている。
想像するにiPhoneは微減で、その他のAndroidスマートフォンが同等に売れていると思えるので、トップ10はかなり横並びだと考えてみる。


マニアックなAndroid端末。
IP電話機能の使い勝手は? 日本通信の格安Android端末を使ってみた ITpro
日本通信のIDEOS。
ドコモ網をレイヤー2で使っているのでIP電話も実現した、とのこと。
様々な試みだけでなく、安い仕掛けもあってスゲぇ。

本体が小さそうなのでバッテリー容量は気になるが、何といっても1台で公式に電話、データ通信、デザリングまでカバーして価格が安いんだから、スマートフォンの鑑だなと。
iPhoneのSIMフリー版は同等だが、価格が高ぇ。
今後も中華ロイドを積極的にキャリアが扱うようになると、後発として日本に上陸するんだろうWindows Phone 7は日本市場へのツッコミどころが難しいとかのレベルではなく、全く違う生き物として例えば業務用くらいしか生きる道がなさそう。


今からスマートフォンユーザーになるならIDEOSとiPod touchの組み合わせで十分楽しめるのでは。

2010年12月22日

Windows Phone 7が6週間で150万台

Windows Phone 7搭載デバイスの販売台数が150万台を突破 気になる、記になる...
やってくれました。

そろそろコキ下ろそうかと思っていたら。
まだリリース見てないけど、これってキャリアや小売店に渡った台数数字じゃねぇよな。

これで日本でのリリースも早まったりするのか。

追記 12/22
どうやらメーカーからキャリアや小売店へ販売されたB to Bの台数のことのよう。
最終出口のエンドユーザー需要の盛り上がりはどうなんだろう。
米国で盛り上がってなさそうなのが気になるところ。

噂では日本への上陸が来年の夏以降とも言われているし、もしこの初動のWindows Phone 7の販売が不調なら、その在庫が世界的に叩き売り真っ最中のところで日本上陸とかになりそう。
KINのデジャブか。

iPhoneアプリ、Alpine Crawler WildのTropical

iPhoneアプリ、Alpine Crawler WildのTropicalステージをTime Trialでクリアした。
Tropicalの8とか10のステージは残り数秒でゴールというギリギリの体。


Tropicalステージは砂漠、草地が多く、橋が目新しい。
車は、いわゆるジープのMilitary、6輪で荷台ありのKracを使う。

扱いが難しかったのはMilitary。
タイヤのグリップがある感じでスピードが上がり易いのか、起伏越えのジャンプは嫌という程に飛ぶ。
前後の車幅が短いからか、よく転倒し回転する。
車体が回転しながら跳ねている時はアクセルオフの方がウルトラCの着地になりやすい、とも思える。
跳ね易いので起伏の前には減速しがちだが、飛ぶところは飛ばないと時間切れになる。


回転して跳ねてる時点で好タイムは望めないんだが、それでも何とかクリアできるよう。

2010年12月21日

Polaroid製、iPhoneカメラアプリ

iPhoneカメラアプリにPolaroid純正Polaroid Digital Camera App

auのbiblio Leafで電子書籍リーダー端末の大手プレーヤーは出揃ったか

auが電子書籍サービス開始、専用端末や専用料金プランなど発表 ケータイ Watch
biblio Leaf SP02
6インチ電子ペーパーで、月額最低で525円の電話番号なし通信やWifiを搭載。
筐体はAmazonのKindle製造を受託しているFoxconn製。
内蔵メモリ約2GB、microSDHCカードスロット搭載。
XMDF形式対応で、自炊使いもいけるよう。
ソーラーパネルによる充電機能。
その他、メモ、イラスト、カレンダー、電卓があり、文字入力はスタイラスを使ったタッチ操作。


Foxconn製ということで、筐体デザインがKindleに似た不格好さが漂っているとも思えるが、何だか本当にKindleが日本にコンテンツを持ってきたら、こうなりましたって姿のような気もしてきた。

Kindleは、米国の価格が高い紙書籍に対する電子書籍の低価格さが使い捨て文化にもマッチして、ネット込みの専用端末という割り切りさ加減が受け入れられたなど色々と言われている。
biblio Leaf SP02は、電子ペーパーディスプレイで実現できる機能全部入りを日本向けに実現したかのよう。

KDDIの電子書籍サービス LISMO Book Storeが25日開始、年度内は半額 engadget日本語
コンテンツに関しては糞味噌な眺め方をされているようだが。


これで通信キャリア大手の電子書籍リーダー端末が出揃うことになったが、ドコモだけ通信無しモデルがないのか。
ソフトバンクのiPad for EverybodyでドコモのGalaxy Tabもキャンペーンを開始したが、auは電子書籍コンテンツ半額という2社とは変わったキャンペーンとなっているし安いだろう端末価格と合わせて安さはauのよう。

さらに割安感という点では、通信非搭載のGALAPAGOSやReaderに目がいってしまう。
電子書籍リーダー端末市場は通信機能搭載の有無ではっきりと市場が分かれそうに思う次第。
既にiPadは電子書籍リーダー専用端末とは別ジャンルに認識されだしたのは分かるが、じゃあiPadのカテゴライズ範疇な競合はというと来年以降に盛り上がるんだろう。

2010年12月20日

iPhoneアプリ、Epic War TD

iPhoneアプリ、Epic War TDのレベルEasyをクリアした。
クリアしたらリリース情報が。
タワーディフェンス初心者向けといって良さげ。

・タワーディフェンス

配置できるタワーはマシンガン、ミサイル、レーザー、動き止める系。
これらの攻撃力、発射間隔やターゲット数、攻撃範囲がそれぞれ5段階までアップグレードできる。
敵を倒してゴールドを得てタワーを建てるが、特別なアップグレードとしてゴールドを得る%もアップできる。

画面上の敵を一掃するボムなどは無い。
時々、敵を倒した血飛沫などで画面の敵が見えなくなるのでワイパーよろしく拭ってやる、というイベントがあるくらい。


・初心者向け設定(だと思っている)の数々

レベルはEasy、Normal、Hard、さらにInsaneがある。
Insaneはアンロックされるレベルだったのか不明。
左上の赤い数字で14/85の85という数字が敵に突破されたらゲームオーバーになる敵数で、14突破されているという状況。
シナリオが4本あり、この数字は全シナリオへ持ち越す。

この数字の基本設定はレベルEasyで80、Normalで60、Hardで50。
シナリオ途中に別ルートで任意のミニゲームがあり、ミニゲームの各レベルをクリアすることでこの数字の限度数を上げることができる。
画像は最後のシナリオクリア時のもので、ミニゲームの最初のレベルをクリアして5アップして85になっている。

一度クリアしたシナリオで、例えば突破された敵数が5あったとしても再度そのシナリオを1でクリアすれば、次のシナリオへは1のカウントで持ち越せる。

さらに、各タワーと各シナリオ毎に出現する敵のダメージ相性が数値化され表になっている。
どうしても突破される敵の数が多い場面でも、相応のタワー増設という理詰めでちゃんと攻略できる。

また、タワーの設置時やアプグレード時には、敵の侵攻が一時停止する。


・ということで

画面の絵はキレイ、操作もスムーズ。
久しぶりのタワーディフェンス系だったので卑しくもクリアできそうなゲームをチョイスした次第。
iPhoneがでた当初はタワーディフェンスがもの珍しくてぼそぼそとプレイしていたが、クリアできたゲームはほぼ無い。
Epic War TDならレベルHardくらいまでプレイしてみようかと思える。

印象に残るのは、本筋のシナリオよりミニゲームの方がかなり難しい点。

2010年12月19日

海老名鞄 ARCOSワイド

海老名鞄のARCOSワイドを購入した。
吉田カバンの製作協力会社の1つだったようだが、今もやっているのかは不明。
11月中旬にサイトリニューアルと新作をリリースし、価格改定なども行っていた。
新作がどのようなモノか見てからと思い、見たが結局は旧作となったこれにした。
ストラップは別売りだったが、5cm幅のクッションの取れる方でとりあえず揃えた。


カバンに求めていた要件は、11インチMacBook Airと一眼レフとその他が入り、メイン収納以外に外部のオープンポケットへ小物や書類が収納ができること。
今使っているのはARTISAN&ARTISTのKL-757で、これはPCとカメラの収納保護設計がされたモデル、今は廃番。
画像はフロントを撮影しているが、フロントのオープンポケット(オープンと言っているが出入口を閉じるメタルボタンはあるので、オープンではないんだが)には内部に小物収納が2部ある。
これがKL-757と同様なんで、決め手の一つ。
届いてから分かったが数字で納得していたより、KL-757比較で随分と横幅がコンパクトだなと思った。


ARCOSワイドは、PC収納やカメラ収納は考えられていない一般的なブリーフタイプの革カバンで、ちょっと収納力があり小物収納のポケットが多いのが特徴か。
11インチMacBook Airはインナーケース込みで入るが、MacBookは高さがギリギリか否入らないのかとも思う。
廃番になっている初代デジ一のPENTAX *ist Dが、出来ればレンズ装着済でも収納に余裕があればと思っていた。
メイン収納は見た目以上に容量はないようで、前後の立体オープンポケットにスペースが融通されているみたい。
メイン収納へその他も収納すると考えるとカメラ用のクッション間仕切り込みは無理だろうし、カメラのレンズと本体はバラにするのが無難か。

バックのオープンポケットは、メタルの雄ボタン台座裏に指1本がギリギリ入る隙間があるので、メタルボタンの脱着時に力点の支えになる。
が、意図して指1本余裕で入る設計が欲しかった。

新作のカバンの外部底面はメタルの底鋲だが、旧作のARCOSワイドはゴムパッドなのでゴムパッド以外の革底はすぐに傷みはじめるだろうとは思う。

新作がでてからは、ネットのYahoo!オークションにも定価を底値に出品していて、あまりイメージが良くないような気もするが、余計なお世話か。


ということで、全体的に派手さがなくブランドロゴもないデザインを気に入っているから手を出したし、自身としては欲しい機能と現状でいろいろと納得しているつもり。

2010年12月18日

電子書籍 ザッポス伝説 無料ダウンロード

電子書籍版発売記念! 3日間限定無料キャンペーンを実施します Delivering Happiness 日本語版
・翻訳本「顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説」トニー・シェイ著の電子書籍(iPhone、iPad、iPod touch版)
・12月19日発売を記念して21日までの3日間無料ダウンロード


ゲームキャスト Blogさん、投稿ポストをとりあげていただきありがとうございやす。
週刊少年ジャンプのEPUBが購入後80日間保存という縛りありですか、そうですか。

[プレゼントのお知らせ]クリスマスは家にこもってiPhoneでゲームしよう ゲームキャスト Blog
iPhoneゲームアプリを700円分プレゼント、12月20日が締め切りでしたね。

電子書籍関連の話題など

[修正!]Jailbreak無しでFlash VIdeoを見る[方法] KMJB's HacksLife
iPhoneのSafariのブックマークレットを使うみたい。


Linphone - iPhoneをひかり電話端末に(App Store) iPoday
Viberも同じようなアプリか。


速報!iBooksがアップデートで直接ePubファイルを開けるようになった! ITmedia
速報その2 iBooksが見開き絵本に対応、販売価格も10ドル超えでビジネス的な弾みに期待大! ITmedia


気になるのは各話ごとの値段。
例えば1話100円になると計算すると、漫画が20本程度あり基本定価240円の少年ジャンプにとっては、結構な値段になると思える。
EPUBというファイル形式。
意味合いは違うが漫画の海賊版はJPGファイル形式が最多らしく、日本で正式に販売されているのだと普及しているのがパソコン向けでebi.j、携帯電話向けにComicSurfingのファイル形式が多いよう。
将来的にiPadやiPhoneへ、ということなんでEPUBだからiBook Storeへというのは安直か。


NHK出版、読書体験共有サービス「SHARE READER」公開--電子書籍ビューワと連携 CNET Japan
こういうのが今の書籍販売や電子書籍販売系のiOSアプリにも備わってくるのかどうか。


BOMファイルから読み解くMacのシステムアップデータ ASCII
MacOSX 10.6.5でexFATファイルシステムをマウントできるとのこと。


NTTドコモ、Galaxy Tab SC-01Cを安く買える「Happy Tabキャンペーン」を期間限定で開催、最大37,128円割引 juggly.cn
ソフトバンク対抗だが、これはドコモがやらされている感がある。
ソフトバンクとしては萎えたiPad需要を盛り上げてドコモの対抗になる意味があるが、ドコモはGalaxy Tabを売り出してすぐキャンペーンを始めなければならなかった、と考える。


Google、検索結果が自社サービス優先と非難される engadget日本語
もはや公共インフラな使命を担っているような印象に。
競合がいないと、こういうのもすぐに普通なことになるんだろうなと。


「テザリング? 何それ?」──「Pocket WiFi S」をあくまで“Pocket WiFiの新型”とするイー・モバイルの狙い (1/2) ITmedia

11インチ MacBook Air インナーケース購入

11インチMacBook Airのインナーケース、バード電子のCARGO-Mを購入した。
素材はPU合皮で、手触りはサラサラ。
11インチMacBook Airのサイズにぴったり合う。
手にしてみると結構しっかりしてそうに思うが、あくまでインナーケースなのでカバンの中で傷がつかない程度の保護ではある。

封筒でいうところのフラップを封するためのマジックテープとかが無いので何かの拍子にMacBook Airが飛び出すのではとも考えていたが、特段心配することもなさそう。
幅広のゴムバンドでも調達しようかと思っていた。
いまのところ素材が柔らかすぎないので、無茶な取り扱いをしなければ大丈夫そう。


気になったのが、フラップの折り目が見て分かる程に斜めに折り込まれているのが残念なところ。
ポジティブに考えるとフラップを引き出し易いためと言えなくもないが。

2010年12月17日

Macソフト、Reederに頑張ってほしい機能 Readability

MacのSafariでリーダーという便利な機能がある。
広告やサイドカラムを強制オフにして記事と写真のみをレイアウトよく抽出してくれる。
command + R + shiftがショートカットキー。
ChromeやFirefoxにも同じような機能のアドオンがあるよう。

iPhoneアプリでは、無料時限の有料アプリSiteViewerが同じように複数ページに渡る記事を抽出しオフラインでも読める、というかなり便利なのがある。
Google readerクライアントアプリではないRSSリーダー。


で、似たような機能が現在ベータ版のMacソフトReederにもある。
右ペイン下のReadabilityというボタンをクリックする。
もしくは、操作はカスタマイズできるが、標準ではトラックパッドでピンチアウトする。
これはReederの右ペインのスクショ。
記事の部分をピンチアウトすると以下のスクショに。
しかしSafariのリーダーと違って、複数ページを読み込めない、画像が読み込めないケースがある、続きを読む...のリンクは潜れない、など微妙な状況になっている。
ここまでやっているんだから、Safariのリーダー並の機能を期待したいところ。

Blogger iPhoneなどスマートフォン向けデザイン対応 β版スタート

ブログのBloggerがiPhoneなどのスマートフォン向けにデザインを最適化したベータ版オプションをスタートした。
iPhone向け。
iPadには反応しなかった。
設定は、ダッシュボードの「設定」から「メールとモバイル」に行き、そこで「モバイルテンプレートを表示する」で「はい」の方にチェックを入れる。

2010年12月16日

iPadアプリ、アサシンクリード - アルタイル・クロニクルズ HD 続き

iPadアプリ、アサシンクリード - アルタイル・クロニクルズ HDのレベルEasyをクリアした。
前回のアッカ以降は3つくらいの街を転々とした。
シナリオのボリュームは結構ある。
移植前のものを全然知らないが、このシナリオの終わり方だとメデタクないので続編があるんだろう。


最近はスポーツもので、サッカーのiPhoneやiPadのアプリに挑戦していたが悉く成果を残せず腐っていた。
物事も一度対象から離れて俯瞰したり頭を入れ替えれば色々と気付くこともある。

ということでiOSのサッカーゲームは何度中断したか知らないが、気分を変えて、でもクリアできていないゲームをプレイしてみようと考えていた。

iPadアプリ、プリンスオブペルシャは手応えさえも感じることができず中断しているが、それよりもまだシナリオを進めた記憶のあるアサシンクリードでと思っていたら、iPadアプリがあるというのでプレイしてみた次第。
ああ嬉しい。

追記 12/16
続編のくだりは間違っていました、すみません。
コメントいただいてます。

2010年12月15日

Apple純正 App Store 新着などのRSSフィードジェネレータ

Google readerの登録を間違って消してしまってから、App新着などのRSS登録をしていないのに気付いて、今更感がありすぎるがとりあえずメモ。

iTunes Store RSS フィードジェネレータ

作成できる項目

・国

・ミュージック
・Podcast
・オーディオブック
・テレビ番組
・ミュージックビデオ
・映画
・App

例えばAppでカスタマイズできる項目

・トップ無料 App
・トップ有料 App
・トップセールス App

・トップ無料 iPad App
・トップ有料 iPad App
・トップセールス iPad App
・新規 App
・新規無料 App
・新規有料 App

・項目数10、25、50、100、300

・全てのジャンル
・ブック
・ビジネス
・教育
・エンターテインメント
・ファイナンス
・ゲーム
・健康&フィットネス
・ライフスタイル
・メディカル
・ミュージック
・ナビゲーション
・ニュース
・写真
・仕事効率化
・レファレンス
・ソーシャルネットワーキング
・スポーツ
・旅行
・ユーティリティ
・天気

この他に同ページにある既RSS
1. トップ 25 新規ミュージックリリース
2. トップ 25 ソング
3. トップ 10 App
4. トップ 10 新規追加ソング
5. トップ 25 新規 App


更新頻度や、どれだけアプリに漏れがあるのかは不明。
実際には有名サイトや相応のサイトというフィルターを通してみる方が時間が節約できる。
Mac App Store用もできるのかどうか。

ARTISAN&ARTIST iPhoneとiPadのケース

ARTISAN&ARTISTがiPhone 4とiPadの専用ケースを発売していた。
1週間遅れの話。

藍染めナイルクロコダイル iPhone4専用ケース IP-004
徳島県阿波地方で伝統的な正藍染めを天然素材のワニ革で表現した日本初の技術らしい。

iPadケース -zabuton- iPadを収納時に保護するだけでなく、使用中にも活躍してしまう新発想のケース IPA-01


カメラバッグとしてチェックしているメーカーだが最近はご無沙汰。
時々モノ凄いニッチなカバンをリリースしては次々と廃番になっているが、MacBook Air用のインナーケースもいつのまにか廃番になってた。
何故かMac Proのキャリーケースが生き残っている不思議。
11インチMacBook Air用ケースは無理そう。

iPhoneケースは、価格高ぇ。
iPadケースは、インナーケースという趣き。

2010年12月14日

ソニー Readerのタッチディスプレイは赤外線方式

ソニー電子書籍リーダー端末Readerのタッチディスプレイ認識技術は赤外線方式らしい。

知らなかったということで、まずは、最近日本にオフィスを開設したという光学式タッチスクリーンメーカーのNextWindowにらしい説明があったのでとりあえずメモ。

で、理由は分からないが使えない画面保護フィルムがあるとのこと。
SONY Readerが届いた! ビザビ・京都室町通信


MacとVMWare Fusionしかない自身だがReaderを購入する気でいた。
しかしMacで動くVMWare Fusionなんかの仮想ソフト上でも駄目という丁寧な但し書きまである始末で、なかなか手厳しい。
海外モデルはMac対応しているようだが。

で、今日。
AmazonからKindle買いませんか勧誘メールが届いていた。
とりあえず営業しているんだなと感心した。
Amazonはほとんど利用しないので、頻繁に利用する人はもっと早くにメールが届いているように思う次第。

一番一番と言われても、日本で一番売れてない電子書籍リーダー端末はKindleだと思うが、ネット込みだとか魅力的な部分は多い。

Kindleか。

iPadアプリ、アサシンクリード - アルタイル・クロニクルズ HD

iPadアプリ、アサシンクリード - アルタイル・クロニクルズ HDをプレイしている。
道程いかほどかも分からないが、ようやくアッカに入った。
武器はダガー、鉤縄、爆弾、ボウガンをアンロックし、アッカに入って煙幕が使えるようになった。
レベルはEasy。
ほとんどシナリオを進めることができなかったiPhone版のリベンジというネクラな根性でスタートしているが、確実にiPhone版よりシナリオを進めているのは嬉しい限り。

3Dアクション。
得点を競うものではなく、暗殺を基本としてミッションをいかにスマートにこなすか、というゲーム。
できるだけ敵と正対せず、気付かれず後ろから殺す。

操作性は快適。
バーチャルパッドでグリグリ操作しても、瞬時にとまではいかないが、ちゃんと操作できる。


ゲームロフト曰く、iPad版の特別機能
- 大迫力のHDグラフィック
- iPad用に最適化されたカメラアングル(視野が拡大)
- カスタマイズ可能なインターフェイス


一番恩恵を受けたのは、視野が広がったことか。
といっても相変わらずというか、Easyレベルだからかゲームオーバーできないシステムに助けられまくっている。
自身にとっての連続自殺記録トップは以下の画面前後のところ。
敵はいない、トラップもないところで、離れた場所へ飛び移れず何度死んだことか。
この先へ進めたことで何だか峠を越えたような気配も。



ゲームキャスト Blogさんに投稿ポストを取り上げていただきました。
ありがとうございます。

ゲームキャスト Blogさんの濃いレビューを参考に自身もゲームを物色してます。
geoDefenceのシリーズくらいしかクリアできたものがないTD系ですが、取りかかろうかと思ってます。

2010年12月13日

Android Marketアプリ15分返品期限でページビュー増か

Android Marketのアップデートで返品可能時間が1440分(24時間)から15分に98.96%も短縮されることに。 ITmedia
返品期限短縮というニュースはスゴイ勢いで伝播している。
そりゃないよ的なトーンが多いよう。
ゲンキンな話に見えてしまうし、いままではユーザーを釣ってたのかとも思ってしまう。


どこかのセミナーの報告でAndroidスマートフォンアプリを取り上げているサイトは訪問者が多くないという手の話があったが、その時は単純にAndroidが普及してないからと思っていた。

でもAndroid Marketの24時間の返品期限というルールを考えれば、アプリに関するレビューや情報を求めなくても、とりあえずダウウロードして自らが試せばいいのでレビュー記事を積極的に探さない、という行動で理屈が通ると思った次第。
Androidアプリのレビューブログが少ないのも説明がつきそう。

ということで、これからは15分の返品期限となり、実質的にほぼアプリの試用ができそうにない状態になったことで、今後は一転してサイトへのトラフィックが増えるんだろうしAndroidアプリのレビューブログも増えそうな気もする。
広告も活発化しそう。

Bloggerがスマートフォン向けデザインに正式対応か

Blogger が近々 iPhone などの携帯端末で見やすくなる Blogger カスタマイズ情報ブログ

Bloggerのスマートフォン向け対応というと、JavaScriptとか使った簡単なものからサーバー経由でブログデザインを変更するものまで色々あるようだが、純正対応というのがなかった。

WordPressなんかの対応は早かったが、Bloggerは有志まかせな傾向が強いようでもあるし。

それがBloggerで正式に対応するかもと。

2010年12月12日

緊急出版 電子書籍の正体 別冊宝島

電子書籍に対するネガティブな意見の読み物。
アラを探したい人には良書。

手持ち無沙汰な時間を埋めるために、でもサッと読めそうと思ったので手にとった。
読んでいると自然と笑ってしまう。

それなりに時間を潰そうとはしたんだが。

2010年12月11日

Amazonが動画の定額サービス、など

米アマゾンが新動画配信サービスを開始 映画.com
年会費79ドルの定額制サービス導入という話。


より便利に!DISCASのiPhoneアプリ新登場 TSUTAYA
TSUTAYAのアプリ「TSUTAYA DISCAS」。
Appleはこういう競合は許容しても、AndroidやWindows Phone 7なんかの競合は断固拒否なんだな。


Nexus S、一部の地域向けモデルは有機ELではなくSuper Clear液晶を採用 GAPSIS


Windows Phone 7「SP2」が2月のMWCで公開される? ななふぉ
今年の9月か10月に発売されたと思うが、はやくもアップデートか、という話。
これが本当なら演出が冗長すぎると思う。
出オチなのでOSアップデートで訴求というのは理解できない話でもないが、そうは考えないだろう。
いかにも、アップデートを何回かのステップに分けて無理矢理提供しているように感じる。

しかしWindows Phone 7のOSに関しては、端末メーカーがほとんどカスタマイズできないという状況なので、細かいアップデートもドンと来いという案配に思えるのが不思議。


日経電子版の有料会員数が10万人超に-創刊から8ヵ月余りで マイコミジャーナル
この数字は何かの指標になるんだろう。
電子書籍リーダー端末にとっては、雑誌系で色をつけたシャープのGALAPAGOSにまず朗報のよう。
ソニーのReaderはコンテンツ牽引で端末の選択にいたる仕掛けがつくれるかどうか。


紀伊國屋書店、まずはPC向けに電子書籍サービス - つぎはiPad/iPhoneへ マイコミジャーナル
電子書籍リーダー端末としてパソコン向けは一番リーチしやすいのは分かるが。
こういう動きが需要を喚起できたなら、ある意味スゴイとは思う。


デスクトップやラップトップ向け液晶パネルというディスプレイ向け部材のよう。
ドロドロだな。
端末に占める部材コストの奪い合いの結果、液晶パネル価格の下落を憂いたのかどうか。
ラップトップならバッテリーの大容量化にコストを奪われてそう。

iPhoneゲームをプレゼント、ゲームキャスト Blogさん

[プレゼントのお知らせ]クリスマスは家にこもってiPhoneでゲームしよう ゲームキャスト Blog

700円分のiPhoneゲームが抽選で当たる。
12月20日まで。

iPhoneゲームで700円となると、色んなものが。

中華ロイド

中国で“中華ロイド”を買っちゃった! ITmedia
古典的な表現だが、腹抱えて笑った。

世界の工場になって久しい中国。
電子機器に関する製造設備や技術は世界トップクラスのものがあるといっても過言ではないものの、それはモノにも依るし、設備も中古だったりするんだが。

そんなイメージがあったので、この記事の何というか「生々しさ」はスゴイなと思った。
人柱になる人の苦労や面白さは世界で共通なんだと思いつつ、それに対する企業側の何ともいえない感覚が記事から伝わってきそうになる。

こういうのをみると、IT関連企業のやっていることは日本も中国も大差ないような気もしてしまう。

ソニーのReaderを触ってきた

池袋のビックカメラでソニーの電子書籍リーダー端末Readerを触ってきた。
シャープのGALAPAGOSも触ったが、今回の関心事はReader。

自身はKindleを触ったことがないので、電子ペーパーディスプレイを体験するのは確かauだったかの携帯以外ではReaderが初。

・白黒

電子ペーパーディスプレイをみた第一感は、液晶を見慣れた自身にとって過去にタイムスリップした感が強い。
白黒の世界で、白といっても極薄グレー、黒といっても濃い目のグレーだと思うが。
基本は背景が白で、文字が黒。
ページ移動など画面が切り替わる時には、サッと白黒が反転し、ワンテンポおいて次の画面になるという独特の動作をする。

・スタイラス

ディスプレイは、画面に指タッチでいけるが、スタイラスがある。
指によるタッチはiDeviceのような反応速度ではないが、操作時にはほんの少し指を置くような余韻がいるような気もする。
生物的にはスタイラスの方が道具を使ってて知能高そうなんだが、自身は既にiPhoneやiPadで慣らされてしまっているので今更スタイラスというのは何故か照れる。

画面は縦と横のどちらでも表示できるが、センサーで感知しないので設定から選ぶ。

・軽っ

持つと、とにかく軽い、そして薄い。
筐体に向き合ってデザインがちょっと野暮ったいなと思いつつ持ったら、軽っと思い、次にああ薄いんだと確認した。
スマートフォンより重い部類なんだが、薄いので軽く感じるのか。

・専用端末

無線や通信がないなど機能搭載に関しては絞りまくっている。
電子ペーパーディスプレイを一目みると液晶ディスプレイにできることはほぼ望めないんだろうと察し、電子書籍リーダーのための専用端末であることが強く印象に残る。
そして同様の理由から、自身は電子辞書を連想した。

・目が疲れない

販売の現場では、液晶比較で目が疲れない、というのが殺し文句の1つになっているよう。

そう、電子ペーパーのディスプレイは画面切り替わりの時のギザギザ感が目に焼き付いているのか見やすいとは思わなかったが、バックライトが無い分だけ明るさのギラツキ感がなく文字に集中できるような気もした。

・6インチが売れてるのか

未知のものに相対した感がある。
しかしというかiPadの時とは異なり確実に競合がいる状況だと思うが、Readerが選ばれていくにはディスプレイと通信無しへの理解が肝のようにも感じる。

当面は2万冊の電子書籍が用意されているよう。
期間限定だが申請すればソニーポイントが500。
池袋のビックカメラでは、ポイントが1%つき、またどちらかというと6インチタイプの方が売れてるんだと。

2010年12月10日

日本だけiOSのJailbreakが違法に

アクセスコントロール規制を著作権法に組み込むとまずい理由 コデラノブログ4
マジコンの違法化が目的のものらしいが。

iTunes Rewind 2010

AppleがiTunes Storeに2010年を振り返る特別企画「iTunes Rewind 2010」というページをつくっている。

Appだけみたが、日本のApp Storeだった。

2010年12月9日

GALAPAGOSやReaderって何

米国はGoogle eBookstoreで騒がしいみたいだが、日本は大手メーカーの電子書籍リーダー端末で賑わいつつあるのかも。
端末とともに電子書籍コンテンツも数万規模で揃えるというし。

解説:「GALAPAGOS」タブレットの完全直販に踏み切ったシャープの思惑 CNET Japan
シャープは販売で一工夫し淡々としているようだが、ソニーは力一杯言い訳のよう。
ソニーの電子書籍に対する姿勢 PC Watch


日本語の電子書籍コンテンツを用意できないAmazonのKindleは、洋書を読みたい人か自炊派くらいしか目を向けない端末になっているよう。

iPadは、電子書籍リーダーでもある汎用タブレットとしてのポジションに落ち着きつつあるが、電子書籍コンテンツもソコソコ揃いつつあるよう。
Macの雑誌で最近読んだと記憶しているが、Appleが米国で映画のオンライン販売を初めてから約2年後に日本でもAppleからのアプローチが日本企業にもあり、4年後に日本でも映画のオンライン販売に相成ったと。
iBook Storeもこんな感じになるのは勘弁してほしいなとぼんやり思う。


GALAPAGOSやReaderの販売台数の初速が気になるが、他にも端末のカテゴライズは気になる。
iPadはラップトップ、Galaxy Tabはスマートフォンのようだが、GALAPAGOSやReaderは何になるのか。
BCNには電子書籍リーダーというカテゴリーはないよう。

改めてBCNのランキングをみると、MacやiPadやiPodなどそれと分かるブランドネームが入っているランキングがあるのはAppleのだけのようで、ある意味腫れ物を扱うがごときなのか、BCNがApple人気にあやかって単に目立ちたいだけなのか。

2010年12月8日

chrome web storeオープン

chrome web storeがオープンしたよう。
chromeブラウザーを使っていないが、他のブラウザーでも閲覧や利用ができるよう。
500以上のアプリがあるとのこと。


とりあえずSafariで閲覧はできたのでサイト内をブラブラしていた。
以下はGoogleアカウントでログインしてYour Appsのページ内のコピペ。

Google cancellation policy: You can cancel your order 30 minutes after you select to purchase an app. This 30 minute cancellation window is available once for each paid app.

アプリにつき一度なら30分までは無料キャンセルできるって話か。


マジで使っていくならSafariから乗り換える時か。

Galaxy Tabはスマートフォン、です

携帯電話 週間売れ筋ランキング 2010年11月29日~12月5日 BCN
Galaxy Tabはスマートフォン分類だったのね。
おそらくiPadと同じような販売推移だとは思うが、現状はメッチャ売れてんじゃねーのか。

2週目でもIS03がGalaxy Sより売れている。
IS01のOSアップデート否定の件で、予約のキャンセル宣言もあったようだが好調のよう。
このままGalaxy SをIS03が抑えるようなら、自身の見立てはハズレになる。


ゲームキャスト Blogさんに投稿ポストを取り上げていただきました。
ありがとうございます。

キリッ、とゲームに対する想いが伝わってきました。
ゲームキャストBlogは街の小さなゲームショップを目指す、他 iPhoneニュース・新着ゲームレビュー ゲームキャスト Blog

2010年12月7日

Android 2.3でGoogle Nexus S

Google Nexus S 正式発表、Android 2.3搭載で12月16日発売 engadget 日本語版
Nexus Oneの時のようなオンライン販売のみではなく、今度はリアル店舗でも販売されるよう。

しかしSamsung製の有機ELディスプレイは供給がタイトらしいのに。
それでも発売されるということは、Nexus Oneのように最早Googleブランドのスマートフォンは売れないと両社間で納得しているんだろうか。

というのは冗談にしても、有機ELディスプレイを増産できているのか、ハードスペックだけ同じものをSamsungブランドで出すんだろうか。

正直なところ、例え増産できていても売れ過ぎたら困るのは確実なんだろうから、SamsungとしてはNexus Sが想定よりも売れ過ぎることはないと思っているんだろう、と考えてみる。

絶版漫画に広告で無料配布 Jコミ

Jコミの取り組みが大々的に発表されていた。
ジャンプ作品など無料公開へ 赤松健「Jコミ」、集英社や講談社も協力 ITmedia

有名どころは復刻とかしているんだろうが、今回発表された漫画のタイトルや作者をみてもピンとこない。
絶版の定義というのが何か分からないが、出版社ごとに違いがあるんだろうか。

漫画は時代の影響がかなり強いものだと思う。
iPadなどの電子書籍ビューワー端末を購入する主流層が10代や20代ではないだろうことからも、絶版漫画の電子化はかなりマッチしているようには思う。

要するに紙媒体の漫画の主流購入層と電子書籍ビューワー端末の主流購入層は一致しないので電子化しても無駄足だろうが、絶版漫画の時代と電子書籍ビューワー端末の主流購入層は一致しそうなので漫画を電子版にして理屈的に筋が通りそう。
割を食うのは古本屋くらいか。


最近読んで面白いと思った漫画
3月のライオン ボドロは笑った
オールラウンダー廻 マリアさんの性格がステキ
乙嫁語り 3巻からは別の話になるよう
リンクはいろいろ。

2010年12月6日

iPhoneアプリ、LastShot

iPhoneアプリ、2D横スクロールシューティングのLastShotをプレイしている。
最後の6面のボスが倒せない。

操作性はかなり快適。
ショットは自動ではなく、1タッチで1ショット。
これが肝のよう。
道すがらに段数制限ありのパワーアップ武器がパラシュートで落とされてくる。
パワーアップ武器の弾が尽きれば通常ショットになる。
ランダムでボムも落ちてくるが、武器かボムかは見分けがつかないのかな。

敵弾の自機への当たり判定は大きい。
ヒットポイント制で尽きればゲームオーバー。
上手に敵弾を避けようとしても避け続けるのは無理なんで、敵の弾、体当たり、爆弾、ロケット、風車などダメージが大きいのを見極めてできるだけ少ないダメージで切り抜けるという考え方で良いと思う。
武器と一緒に落ちてくる回復アイテムを拾うのは必須。

5面までは難しくない。
最後の6面はボスの弾のダメージが強すぎて2〜3発でヒットポイントはゼロに。
ボスとの出会い頭の洗礼が厳しい。

Safari ExtensionsのAdBlockなど

11インチMacBook Airに執心している最中。

ウェブに強い人程、IEとかSafariなどプレインストールソフトは使っていないんだろう。
興味本位で一通りのブラウザは使ったが、MacではSafariを常用している次第。


Flashプラグインで関心をもってからはSafari Extensionsを時々漁っているが、そもそもヘビーに使わないのであまりピンとこず、どうしようもない始末だが、今インストールしているのは
ClickToFlash
AdBlock
Google reader Styles
リンクは開発者の解説ページへ飛ぶ。


ClickToFlash
サイトのFlashを使っている部分だけを読み込まないようにできる。
開発者は同じでClickToPluginというFlashにプラスしてその他も読み込まないようにできるのもあるが、自身が使用している時は結構不安定だったので使うのを止めClickToFlashにしている。
こういう機能拡張の類いはアップデートを頻繁に行っているようなので今は違うんだろう。


AdBlock
サイトで広告をレイアウトしている部分を更地にする。
強力。
広告をみて仕掛けの情勢を探るというならAdBlockは不要だが、大手サイトや海外サイトなどへ頻繁に訪問し広告が邪魔と思っているならアリだと思う。


Google reader Styles
SafariでGoogle readerを表示した時に上記画像のようなデザインに変える。
ベータ版でMacのGoogle readerクライアントソフトReederが使い易く問題もないんだが、試してみたらページが騒がしくなくなりシンプルで好感が持てた。
Firefox、Google Chrome、Operaへも機能拡張として対応しているよう。
今後もReederを常用するだろうが、とりあえずインストールはしておく。

追記 12/6
Google reader Stylesのデザインは左下のChange Styleから全6種類で選べた。

2010年12月5日

iTunesをスリムに

11インチMacBook AirをTime Machineでバックアップしたので、SSD容量が少ないことだし、改めて使わないだろうソフトやiTunesにあるサイズ大のアプリを削除した。
削除するからにはインストールしたいものがあるからで、アプリを削除する話を延々とするのも気が引けるが気付いた点をつらつらと以下に。


・Macソフト
削除したのは、GarageBandとiDVD。
これらソフトは全ユーザー向けのLibrary/Application Supportにも1GB前後のデータがあるので、それらも削除する。

・iOSアプリ
アプリを削除するので、まずはiTunesでアプリをリスト表示する。
この時に表示オプションで選択できる「年」だけは有効にしてもアプリ側で反応しないのでiTunes表示では全部空白になる。
自身のケースだけなのかどうか。

サイズのソート表示にして、サイズ大アプリから順に削除するかを決めた。
Finderでもサイズのソート表示は可能だが、iTunesなりにApp Storeへの便利なリンクがあったりで使い勝手がイイのでiTunesを使ってみる。
iTunesでリスト表示しているアプリを選択すると名前の項目の端にはApp Storeのページにリンクできるボタンが表れる。
削除する前にはこのボタンでチラホラとApp Storeを覗いていた。


最終的には数GBサイズのものから200MB程度のものまでを中心に削除し、Macソフトも併せると10GB以上を削除した。
iTunesライブラリは外付けハードディスクに移してもいいが、都度HDDを意識していると11インチMacBook Airの使い勝手が損なわれそうなんで、削除ということに。
バックアップとってるしね。


・jubeat plus
調子にのって次々とApp Storeを見ているとコナミのjubeat plusというアドオン購入タイプの音楽シミュレーションなるアプリがあった。
普段はミュージック関係アプリはほぼ無視していたつもりだったが、何故かダウンロードしプレイもしていない。
スゴイのは評価がぶっちぎりで星5つに集中している点で、ちょっと漫画っぽく吹いた。
リズム感が皆無なので、プレイするかは別だが。

2010年12月4日

Galaxy Tab世界100万台、日本では

スレートの冬来たりなば、春遠からじ 山田祥平のRe:config.sys
業務用分野だからだろう、iPadに物申すマイクロソフトのツッコミ具合がマジすぎて怖い。

一方のAndroidタブレットではGALAXY Tab、全世界販売台数100万台突破。年内目標を150万台に上方修正とのこと。
スマートフォンでもSamsung、米国でGalaxy Sを300万台の出荷を発表、2010年Q3では米国Android市場トップメーカーに
SamsungのAndroidスマートフォンの目に見える特徴はディスプレイのSuper AMOLED、筐体の軽さとともに、雨後の筍の中ではタッチディスプレイの操作性も良さげな部類だとは思う。

よく分からないのが世界で100万台突破のGalaxy Tab。
Samsungの何が選択されているのか。
ディスプレイもさすがに7インチクラスになると有機ELの量産は難しいようで、同様にスーパーと名付けた液晶を採用しているが、ディスプレイも含めてその他スペックも競合と大きく差のつく違いはなさそうに思う。
スマートフォンの相乗効果というのは机上の話だろうし、単純にAndroidタブレット採用の大手メーカーとしてタブレット投入が早かったので売りやすいし買いやすい部分が大きいのだろうかと考えてみる。

状況は似ているが日本ではさらにiPad for everybodyのようなパッと見にでも割安感の仕掛けがないと難しいような気もするけど、実際のところ日本でGalaxy Tabは売れているのかどうか。
売れないといえばGoogleのスマートフォンNexus Oneを思い出すが、直近では米国でのWindows Phone 7が隠しようのない失敗だったようで供給不足云々を上回る販売側の冷徹な売れてない報告が続いているよう。
Galaxy Tabも日本で販売側のリークとかないんだろうか。
iPadはラップトップパソコン分類として量販の販売指標が出ているようだが、Galaxy Tabも同様の分類なのかどうか知らないが、いずれ指標も出るんだろう。

手元にないMacのTime Machineバックアップデータを別のMacから削除

自身の状況でメモ。

・経緯

使い始めて数週間経つ11インチMacBook AirでTime Machineを使ってバックアップをとろうとしたが、当該の外付けハードディスクは先代のMacBookのバックアップデータで埋まっていて新たにバックアップはとれません、と警告された。
Time Machineは、外付けハードディスクにバックアップできなくなると自動的に古いデータから自動削除していく。
今回はMacBook Airのバックアップをとりたいが、先代のMacBookのバックアップデータは自動で削除してくれないので手動で削除するしかない。

既にMacBookは売却して自身の手を離れている。
ユニボデのLate 2008は型落ち新品で入手したこともあり、売値は購入価格の約7割という結果に。

MacBook Airに外付けハードディスクを接続しFinderからMacBookのバックアップデータを削除しようとしたけど、情報も見れない、右クリックできない、ゴミ箱へも移動できないという状況。
コマンドで
sudo rm -r
を試したがパーミッションで弾かれる。
ディレクトリ上位の不可視ファイルだかのパーミッションを変更しリネームすればいいようだが、コマンドを多用するようで素人の自身には無理。
ということで再び、GUIメインで解決できないかと試していると、とりあえずMacBook Airから先代MacBookのTime Machineバックアップデータを削除できた。


・手順、とは呼べないが

当該の外付けハードディスクへは新たにバックアップはとれませんと警告されたが、あの3DなTime Machineに入ることは出来るので外付けハードディスクはMacBook Airのバックアップ用としてTime Machineへ認識はされている。
実際は警告後に、progressive云々というLogファイルのようなものが残っているだけだった。

で、MacBook AirでTime Machineに入る。
入る一例は、メニューバーのTime Machineのマークをoption押しながらクリックすると、ほかのTime Machineディスクをブラウズ、というメニューがあるので選択し、MacBook Airの方のバックアップに入る。

いつものTime Machineの画面になるが、Finderウインドウの左ペインから外付けハードディスクを選択する。
この時点で通常のTime Machineの操作でMacBookのバックアップファイルを削除できた。
削除時にMacBook Airの管理者パスを入力する。


・さらに、蛇足だが

ということで何故かよく分からないが、これ以降はTime Machineに入らなくてもFinderから普通にゴミ箱への移動や削除ができるようになった。
といってもTime Machineやゴミ箱に放り込むだけではパーミッションの関係などで削除できないファイルがあるので、それはターミナルから処理。
sudo rm -r
と入力したら削除したいファイルをマウス操作でターミナルにドロップしリターンキー。
Passwordを入力する。
-r でファイルもディレクトリも皆まで削除できる。
削除対象は300GB近くあったので、削除だけで相当の時間がかかった。


どうやら結局は、Time Machineにある別のMacのバックアップデータを削除したい時はTime Machinから削除する、という当たり前? な話に。

2010年12月3日

SugarSyncを使いだしたなど

バックアップが気になってSugarSyncを使いだした。
何故かDropBoxをスルーしているが、後に使いだすだろうと思う。
SugarSyncには、とりあえず使っているガジェット関係の取説をアップしてみたがカビが生えそうなので、閲覧頻度の高いものでも置いておこうかと。
バックアップって、何を、と考えてしまった。

そら案内についてのお知らせ
50万ダウンロード突破、ユニバーサルアプリ化、開発元の変更によるアプリの買い直しなど。
使っているので気になったんだが、そういえばウェザーニュースタッチを随分長い間使っていないのに気付いた。

イー・モバイルのテザリングAndroid『HTC Aria』業界最速動画レビュー!
デザリング規制無しは結構な差別化になりそう。

2011年に売れるWindows Phone端末は1700万台とDigitimesが予測
日本発売はいつだろうか。

iPhoneアプリ、Alpine Crawler WorldのKentucky 10

iPhoneアプリ、Alpine Crawler WorldのTime TrialモードでKentucky 10をクリアした。
酷いタイムだが、ようやく初クリア。
Alpine Crawler Desertをクリアしたので、改めてAlpine Crawler Desertにチャレンジしていた。
タイムが冗長なのは、大きい障害物の前でセーフティーにブレーキで減速していたから。

Sweden 10が一番簡単だったのか、凄くプレイ時間が短く感じた。
Alps 10にも再チャレンジしたらクリアタイムを短縮できた。

2010年12月2日

MacのGoogle readerクライアントソフトReeder

ここ最近ツキがない。
カレーをぶちまけたが、加えてGoogle readerの登録数百件を消してしまった。

MacでGoogle readerが閲覧できるガラパゴスリーダーを使っていて、寝落ちの際の奇跡的な操作だったようで、これしか思い当たる節がない。
ガラパゴスリーダーはGoogle readerと同期できている為、ガラパゴスリーダー側でカテゴライズフォルダを消したらGoogle readerでも消える。

叫んでしまった。
言語にならない感情というのは確かにある。
映画なんかのシーンでよくあり心揺さぶられるところなんだが、叫んでいる本人はというと、かなり虚しい。

当然ながらガラパゴスリーダーに非はない。
といっても気分転換に、ベータ版だがReederを試している。
見た目もイイが操作性もかなり快適だ。
キーボードショートカットもGoogle readerと同じようで、すぐに使える。

クラウドしてるデータのバックアップも重要なんだと思った次第。

デイブレイカー

1日ということで、映画館でデイブレイカーを観てきた。
バンパイアもので、トワイライト3部作とはまた違った雰囲気のある分かり易いサスペンス仕立てに思える。

バンパイアものというと、それなりのアクションはもはやお約束なんだが、この映画ではあまり期待できない。
その為、全体の印象はおとなしめで、アクションのスピード感はゾンビものに比する。
全体のストーリーが紐解ける場面と、最後の最後はアメコミが原作? と思い笑ってしまったが、ギャグやおどけるシーンは皆無。

映画「恋人までの距離」の時の印象が強いのでイーサン・ホークは久しぶりに感じる。
いつも演じているのか分からないような俳優だと思うが、役づくりは雰囲気でていた。

最近では珍しく、タバコの喫煙風景がこれでもかと各カットにちりばめられている。
バンパイアが多数を占めるようになった世界という設定に、バンパイア=不死ということで、遠慮なく喫煙し副流煙もおかまいなし。
人の集まりの時はたしか誰も吸ってなかったと思う。

爆発時や光などデジタル処理の粗さは目につくものの、アクションが見所ではないだけに映像内の世界観づくりに手間をかけていると感じ、ストーリーは新鮮で良さげ。

2010年12月1日

技適マーク無しでも海外SIMなら

海外スマホを日本で合法的に使っちゃうよ
パケ死に注意だが、技適マークがなくても海外SIMなら大丈夫。

しかし海外SIMの使用は全然現実的じゃない。
常用は無理だわな。

2010年11月30日

シャープのガラパゴス 販売方法と価格

シャープが電子書籍ビューワーGALAPAGOSの価格や販売方法を発表した。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/gyokai/20101129_410215.html
何故直販にしたかという話だが、要するに購買者の情報を把握しておきたいから、だろう。
そうすることで、ガラパゴス向けに電子書籍を出版させる情報を得ることができる。

電子書籍には必ずビューワーとなる端末が必要になる。
ということで、シャープは端末メーカーという立場を生かしてどういう人が端末を購入しているかという情報を管理できる直販にしたと。
ただ、販売方法がちょっと煩雑かも。

あとは価格。
第一感ではiPadより少し安くなると思っていたが、高い。
直販ということで量販並みの攻めな売りができないだろうし、割安になる機会はそう多くないとも思われる。
競合は明らかにソニーだろうが、今後はどうなるのか。

2010年11月29日

2冊同時表示の電子書籍ビューワーって

http://blogs.itmedia.co.jp/musasabi/2010/11/post-0dff.html
最後の部分で、端末1つで1冊しか表示できないというくだり。

知識がなく分かっていないが、これは何らかの束縛があるものなんだろうか。
ブラウザ内で2ペイン表示というのは珍しくもないが、電子書籍ビューワーで2冊同時表示が出来てもイイなと確かに思う。
pdfやjpgのビューワーでも2ペインというのはあるし。

どうもビューワーサイズが5〜7インチになってきている中、2冊同時表示まで対応して無理がないメジャーな端末となるとiPadしかないのかも。

Bluetoothヘッドフォンで音が変になるiTunes とりあえずの対処

iPadをiTunesへ同期する際、昔のアプリを自動同期してしまう現象に遭遇した。
ログやバックアップファイルなど色々試していたが効果なしだったので、最後の手段としてiPadを復元したら直った。
そりゃ直るわな。

その延長でいろいろとiTunesのリンクや設定をゴソゴソしていた。
・Bookman
電子書籍ビューワーとして使っているiPadアプリBookmanにiTunesのファイル共有でzipファイルを放り込んでいると、iPadのディスク容量がzipファイル以上に使用されてしまうと気付き、気持ち悪いのでi文庫HDに帰巣。

・Tune-up iTunes
MacのiTunesの一部設定をカスタマイズできるソフトTune-up iTunes。
Windowsにも対応。
iDevice同期の際のバックアップを無効にできるとのことで導入し、効果あり。
その後、iDeviceとiTunesをUSB接続した際、iTunesの左ペインのiDevice項目を右クリックで同期の種類を選べると思い出した。

・MyTunesController
iTunesの音楽をMacのメニューバーからコントロールできるMyTunesController。
こういう系はiTunes当初にいろいろ試したので懐かしさに負け、Macの手書き説明書さんのサイトにCPU使用率が低いとあったので使用中。
すると、BluetoothヘッドフォンDR-BT101で1時間以上使っていても音が変にならなくなった。
iTunesコントローラーソフトでiTunesを聴けば大丈夫という微妙な着地となった。
ということで、Bluetoothヘッドフォン新規購入はとりあえず見送ることに。


iPadの復元の時に思い出したことで、iTunesにiDeviceを接続しAppの項目でアプリ同期を手動選択できるが、ここでアプリをキーワードで検索できなくなったのは改悪だと気付いた。
つい最近まで検索できていたように思う。

iTunesでは普段App Storeしか見ないといっても大袈裟ではないが、音楽や映画以外にもオーディオブックとかPodcastとかもあったんだな、と改めて思った次第。

2010年11月28日

iPhoneアプリ、虫姫さまBUGPANIC

iPhoneアプリ、虫姫さまBUGPANICをプレイしている。
弾幕アクションシューティングというジャンルらしい。

iTunesのレビューでも言われているが、操作性が軽いというか過敏に反応するよう。
チューニングできないのが残念。
プレイしてみると、FPS系が得意な人はかなりアリなんだろうと思う次第。

何回ゲームオーバーになっているのか分からないくらい死にまくりだが、ようやくWORLD3の途中くらいまできたので一休み。
かなり死にまくっているんだが何故か自機ストックが増えている親切設計なのか知らないが、それより操作性をチューニングするか、もう少し滑らかに動くようにしてほしい。
自身の腕を棚に上げてはいるが。
で、WORLD3の3つ目のステージではじめてカブタンを拾った。
何がきっかけかは知らないがスコアアタックモードがアンロックされた。

各ステージには時間制限はあるが、どんどん寄り道して、怪しいところは爆破して、中大型の敵はすべて爆破していれば何かがあるよう。

2010年11月27日

Windows Phone 7とAndroidのネタ

http://nanapho.jp/archives/2010/11/chart-of-the-day-paid-applications-2010-11/
Windows Phone 7アプリの特徴と他のスマートフォンとの比較とのこと。
アプリが3000本を、開発者が15000人を超えたという話もあり、いよいよ感がある。

http://juggly.cn/archives/13417.html
ネタは少し古く怪しげな調査らしいが、アジアでのスマートフォンはNokiaを抜いてAndroidがトップらしい。

IS03の予約数

auのIS03が発売された。
購入宣言が27万人なんだし、せめてドコモのように予約数のまとまった数字を公表すれば良いのに、と思う。
創業以来初の予約数という規模、だと言われてもauウォッチャーでもないので過去の数字は不明だし、何だか当社比何倍という良識ある広告宣伝文句のようで困る。
60万台の発注、27万人中の新規は1割とのこと。
auのほぼ倍のシェアのドコモのXperiaで5万台。
ドコモとしてはこれが2台目のAndroidスマートフォンだったが、実際にブレイクしたのは2台目からなんで、この数字でさえ結構なものだし、これを超えていることはないんじゃないかと考えてみる。
27万人中で新規1割という話からも勢いは感じられず、実際の予約数がそんなに凄いとは思えない。
実情は後々のBCNなんかの販売指標で分かるんだろうが、27万という数字が空回りしないことを祈る。
せめてIS01の無茶なキャンペーン? はやめた方がいいとは思う。

同時期に発売されたGalaxy Tabは、発売イベントがなかったことを察すると、予約台数はまとまった数字にならなかったんだろうか。
ネット上もあまり騒がしくないし、この土日を経ないと分からないのか。
iPad for everybodyのキャンペーンを当ててきたソフトバンクとしては肩すかしというか、損な気分になりそう。

Windows Phone 7はというと、早くもAT&Tが1円売りやもう一台ついてくるキャンペーンなどに突入しているよう。
多くをiPhoneから真似ている印象だが、販売に関してはAndroidと同じ道を歩くようになるみたい。
iPhoneのルートとユーザーのパスはalpineだが、Windows Phone 7もあとはWindowsでいうところのpvkファイルを裸にするだけのよう。

目下、塩漬け予定のiPhoneゲーム

Assault Squadron
2Dシューティング。
CASUALレベルはクリアできたが、次のNORMALレベルが難しすぎる。
敵、多過ぎ。
タッチ操作はちょっと変わっていて、指に自機が吸い付く感じではなく、自機にタッチしてレバー操作をしている感覚に近いかも。

Dark Lords
リアルタイムストラテジーとタワーディフェンスを足したゲームとのこと。
Easyレベルは一巡した。
敵は魔法を使ってこないし、ユニットの強化能力も備えていないので、見えなくなる敵を見えるようにすればEasyレベルは特に問題ないと思う。
二巡目のNormalレベルの攻略が分からないので10くらいから先に進めない。
魔族の剣と盾を持ったユニットは全滅させても少し時間が経てば倒したその場で生き返って進み始める。
これを生き返らないようにできれば良いんだが、それは無理なのか。
ユニットや攻撃には弓に強い槍に弱いなどの特性がちゃんとあり、結構ゲームバランスがしっかりしていると思う。
それを見極めればいいと思うんだが、そういう話ではなく単に手際が悪いだけなのかも。
アプリアップデートでチャレンジモードが追加されているが、まだNormalもクリアできない。

Astrowings
2Dシューティング。
Easyレベルで最後のステージ9のボス2体目まではいくんだが、2体目のこいつが倒せない。
ステージの攻略で金を貯めて武装していくシステム。
ボムが3種類あり、ボス戦で有効だと思うのは敵玉を消すのと敵と敵弾だけを遅くするの。
後1つのボムは画面の雑魚敵を一掃するボム。
当該ステージをクリアできない場合は、1度クリアしたステージへ再チャレンジして金やボムを貯め武装を強化する必要がある。

一区切りつけない、これらアプリは塩漬けフォルダへ直行の予定。

2010年11月26日

iPadアプリ、News Reader

iPadアプリ、News Reader for iPadを使っている。
Google readerのクライアントアプリ。
デザインがReeder for iPadに似過ぎているとも思うが、操作性は快適で使い易い。
無料期間に落としていた。

iOS標準機能であるメニューバータッチでページのトップへ戻る、が使えないのが不満。
さらにこれは仕様だと思うが、次回起動時に新しい未読を読み込んで新しいポストを見ようとすると、まず前回最後に閲覧したポストを表示し、そのポストから戻っていく形で未読を読み進めていくことになる。
Reederとデザインが似ているので、未読の読み進め方が変則的なのかと勘ぐってしまう。

今のところiTunesのアプリへのリンクなど複雑なリンクには飛べないみたいなので、ブログで稼ぎたい趣旨の方にはお勧めできない系だろうとは思う。

iOS 4.2.1でiPadの入力変換が変更

http://blogs.itmedia.co.jp/nakashima/2010/11/ios42ipad-c4dc.html
iOS 4.2.1でiPadの入力変換候補のあたりが変わっているよう。

じか打ち派も外付けキーボード派も嬉しい変更になっている。
自身は脱獄待ちのため試せていない。

オーバーヘッドタイプのBluetoothヘッドフォン

オーバーヘッドタイプのBluetoothヘッドフォンを探している。
今使っているのはSONYのDR-BT101。

PRINCETONのPTM-BAH
シグマA・P・Oシステム販売のSBT02
JabraのHALO
SONYのDR-BT50
ゼンハイザーのMM 400や450や550
PhilipsのSHB9000
NokiaのBH-905

ゼンハイザー以外、どれもこれも発売されてから相当の年月を経ている。
オーバーヘッドタイプのBluetoothヘッドフォンって新製品投入のサイクルが長いのか知らんが製品が古い。
何だか購入した途端に新製品が出そうなんだが、どうなんだろう。


ググっていると省電力に特化したBluetooth 4.0というのに出くわしたので、ネタは古いが知らなかったのでメモ。
Bluetooth規格バージョン毎にざっくりした通信速度として速いか遅いか具合。
1.1/1.2(0.4Mbps)  =  2.0/2.1(同)  <  4.0(1.0Mbps)  <  2.0/2.1+EDR(1.3Mbps)  <  3.0+HS(24Mbps)
この他に見るべきところは対応する色々なプロファイルがあるが割愛。

http://bluetoothmaniax.net/?p=1999
で、どうやらBluetooth 4.0とそれ以外には互換性がないようだ。
正確には4.0のシングルモードに下位互換性がなく、デュアルモードには下位互換性がある。
3.0までは対応プロファイル機能以外は上位と下位に互換性があるよう。
そこそこのバッテリーを必要とするオーバーヘッドタイプのヘッドフォンは4.0に関係なさそうではある。

2010年11月25日

ソニーの日本対応電子書籍ビューワー Reader

http://mobaphoto.blogspot.com/2010/11/blog-post.html
ソニーが電子書籍ビューワー端末Readerの発表を行った。

未知な部分
日本で馴染みのない電子ペーパー E INK Pearlというディスプレイ。
所有のための前提条件としてパソコンが必要で対応はWindowsのみ。

良さげな部分
XMDFファイル形式に対応。
ビューワー端末だけでなくReader Storeというコンテンツも揃える。
ソニーポイント対応。


電子ペーパーディスプレイの電子書籍ビューワー端末としては、コンテンツありでKindleを出し抜けたのは大きい。
3GとWifiがないので、ガチでKindleとやりあったら負けるんではとも思ってしまうが。

一方、電子書籍ビューワーと考えず、ミュージックプレーヤーだと考えて電子書籍も見れるというスタンスなら結構なポジションになると考えてみる。
それでもBluetoothなし、バッテリー容量は不明、デザインが駄目と考え、価格としてはミュージックプレーヤーに少し上増する程度になる。

よく分からないのがディスプレイサイズ。
サイズからみるとiPadはあっという間に少数派になっている。
5、6インチというとスマートフォンの延長という感じでビューワーとして場所を選ばないように思う。
日本ではパソコンが電子書籍ビューワーとならず、携帯での利用がメインとなっていることを考えると5、6インチというのは読書専用ニーズへリーチするのに無理のないサイズなのかなと。

コンセプトが電子書籍ビューワー専用端末で3GやWifiを非搭載という総花的なスタンスとは真逆なんで、全部入りを好みそうな日本的なニーズと合致するのかどうかとも思う。

Galaxy Tab世界60万台

http://japanese.engadget.com/2010/11/22/galaxy-tab-60/
自身としては、Galaxy Tabが3GモデルしかないのでiPadの競合になり得ないと思っていた。
しかしどうも3Gモデルのみで1ヵ月に世界60万台のよう。
だとするとスゲぇわな。
Wifiモデルはそろそろ米国だか海外で発売という状況らしい。

日本だとドコモから26日に発売されるが、Wifiモデルの発売は未定。
ドコモはXperiaとGalaxy Sの予約だったかの台数をあっさり公表していたと思うが、Galaxy Tabは公表するのかどうか。

2010年11月24日

Bluetoothヘッドフォンで音が変になるiTunes 続き

10日程前に、11インチMacBook AirのiTunesでソニーのBluetoothヘッドフォンDR-BT101から音楽を聴いていると、1時間程したら音が壊れるという状況に遭遇した。

iOS 4.2.1もリリースされ、iTunesのバージョンも最新のものを要求されるということもあり、iTunes 10.1、Mac OSも10.6.5へアップデートしてみた。
ということで再度試したが、引き続き音が壊れる。

ググっても同様の状況はないようなんでレアなケースなんだろう。
他のBluetoothヘッドフォンで試してはみたいが。

ガラケーとAndroidスマートフォン

http://blogs.itmedia.co.jp/shiro/2010/11/android-a148.html
おサイフ機能などの搭載でAndroidスマートフォンがガラケー化している、けど例えばその先には、という話のよう。

ガラケー化は携帯用OSをAndroidに入れ替えただけという、身も蓋もないところに着地していた話もあったと思い出す。
iPhoneの噂もそうだが状況としては、近距離無線通信の話などをはじめとして、ようやくガラケーの尻尾が見えてきたという案配か。
スマートフォンはコミュニケーションツールでありまた常時携帯しているという点からも、揶揄されつつもガラケーの機能にやっぱりというか無難に収まるんだろうともぼんやり思う。

2010年11月23日

64MBのUSBメモリ

ここ最近はUSBメモリを使うとなるとiPod shuffleだったが、どうやら古いPC相手だとドライバを要求されるらしく面倒なので、他のUSBメモリを家捜ししていたら64MBのしか出てこなかった。

一休みしていたところ、ゲームキャスト blogさん(http://www.gamecast-blog.com/)に今日の記事をとりあげてもらっていると知りました。
ありがとうございます。
iPhoneゲームの最新情報もですが、気合いの入ったゲームアプリのレビューを楽しみにしています。

元気でました。
再度探したら、ガラケーで使っていた4GB前後のSD系カード数枚が見つかり、同時にSD系カードスロットのついたUSBポートに挿せるカードリーダー的なブツも見つかりました。

価格、使い勝手、デザイン全部入りのApple

http://maclalala2.wordpress.com/2010/11/21/価格競争で圧倒的優位に立つアップル/
以下つらつらと。

iPhoneに関して
方々で言われているが、1年で新製品を出しおよそ2年ほど生産されるという製品サイクルと、それに基づく大量調達やSSDの大規模バイヤーであるという点が肝なんだろう。
特にSSDは、AndroidやWindows Phone 7の内蔵ストレージがかなりSD系カードを採用している点からもよく分かる。

iPadに関して
自身は、使い勝手の面からラップトップやタイピングのし易さを意識してiPadは10インチになり、非iPadはiPadの重さやサイズと差別化したいから7インチが多い、と思った。
しかし、非iPadに7インチが多いのを部品価格から見るというのは確かにと思う。
Appleもそう分析しているなら、Appleが7インチクラスのiPadを出して価格有利のガチンコに持ち込むのアリで、非iPadにサイズ的な逃げ場もなくなりそう。

コンピュータと家電に関して
今Macが売れているのは単純にiPodやiPhoneなどのiDeviceユーザーがMacに改めて目を向けたからであって、価格面にも気を使って低価格化している点は大きいが、それ以外にMac自体に大きな変化はないと思う。

価格に関して
Appleのブランドイメージに対するコダワリはApple Storeや家電量販店の中のAppleのコーナーをみただけでもパねぇと分かる。
Apple Storeだと、大勢の来店者で混雑せずスタッフがTシャツじゃなくなれば、いっぱしの高級ブランド店舗に思えるほどだろう。
そんなAppleのブランドイメージにおいても、成熟市場のパソコン(AppleでいうとMac)とかミュージックプレーヤー(同iPod)で価格面の比重が大きいのは低価格化の傾向からも分かる。
MacBook AirではSSDをフィーチャーして自身の得意土俵をアピールしたが、こういう流れなら、今後もさらに自然に性能面と低価格がアピールできるんだろう。

iPhoneやiPadは2年目の製品が低価格需要をカバーするので、とりあえずSSDがどうのと考えなくても価格競争力はある。
スマートフォンやタブレットの市場も右肩上がりらしいし、iPhoneやiPadでも価格というよりリーディングメーカーとしての新機能や全くの新製品の方を期待してしまう。
一方でAndroidの勢いは凄まじいしAppleも価格に粘着したiDeviceをと考えるかもしれないが、期待薄だとも思う。
そうはいっても価格訴求力のあるAppleというのはユーザーとして大歓迎だ。

それよりもiPhoneやiPadというタッチ操作の端末になってからより明確だと感じるAppleのユーザー視点のデザイン、ここを軸に競争が起きて欲しいとは思う。

2010年11月22日

iPhoneアプリ、Alpine Crawler Desert

iPhoneアプリ、Alpine Crawler Desertをクリアした。
Alpine Crawlerのシリーズもの。

最後の6面はHardといっても総距離は短い。
ちょっとした起伏を乗り越えたくらいでは体力が減らないように変わっていると感じる。

アプリ起動時のトップ画面にAlpine Crawler Wildという新アプリの告知があったので、宣伝的な意味合いがあるんだろう。

2010年11月21日

Klhip

http://www.klhip.com/
塊々感のあるシャレおつな爪切り。
欲しい。

Google readerと同期できるMacのガラパゴスリーダー

Macのフリーソフトで、Google readerと同期できるガラパゴスリーダー。
http://sourceforge.jp/projects/poi-poi-capsule/

今までMacでのGoogle reader閲覧はSafariだった。
不満も無い。
一方で、iPhoneやiPadでは専用のアプリでGoogle readerを閲覧している。
頻度はこちらの方が多いので、その習慣に合わせることにした。

で、ググっていたらViennaに到着。
Viennaは、Google readerで書き出したファイルを読み込むことができる、
しかしGoogle readerと同期できないので、iPhoneやiPadの専用アプリでの閲覧時は既読ポストをもう一度読むハメになる。
ということで再度ググっていたらガラパゴスリーダーに到着。
これはViennaから派生したソフトとのこと。
Viennaの使い勝手はSafariと似ているので、テンポよく使えて操作感がいい。

ガラパゴスリーダーの起動時のインターフェイスは、メールソフトのような3ペイン構成になっている。
未読ポスト選択時にreturnキーを押すと新規タブでポストのリンクへ飛ぶ。
新規タブはcommand+wキーで閉じる。

未読ポストリストのフラッグマークのところをチェックすることでGoogle readerのStarと同様の機能となり、同期もできる。
はてなブックマークとも同期できる。

2010年11月20日

Macで辞書を調べる

Macにプレインストールされている純正の辞書ソフトのショートカットキーなどについて。
とりあえず3つ。
純正の辞書ソフトを使っていなかったので、今更ながらのメモ。

1. control+command+dのショートカットキーを押しながらマウスカーソルを文字に合わせれば、カーソルの場所に小窓が現れて、辞書ソフトに該当する語句があれば内容を表示してくれる。
小窓の右下の詳細をクリックすると辞書ソフトが起動する。

2. 文字を選択して右クリックすると、辞書を調べる、のメニューが出る。

3. システム環境設定のキーボードの項目の、左ペインにあるサービスを選択すると、右ペインに辞書を調べるという項目がある。
これに、任意のキーでもいいんだが、control+command+dを登録する。
そうすると、文字を選択してから3つのショートカットキーを押せば辞書ソフトが起動して選択した文字の内容を表示する。
検索しているからか辞書ソフトの起動はワンテンポ遅い。

1.は便利だが任意の文字数を選択できず、また、最前面のアクティブなソフトにだけ対応する。

KINが再販に

http://japanese.engadget.com/2010/11/19/kin-onem-kin-twom/
贔屓めに見ても、これは駄目だろうと思う。
在庫処分だろうとみられているが、Windows Phone 7と同時期に売り出すというのはちょっと詐欺っぽいような。
公式に失敗と認め、事業体制は更地にされ将来もないのに。
泥を飲んででも取り返さないといけない程の規模だったと内情は察するが。

日本で例えるなら、とにかく売れなかったという日本最初のAndroidスマートフォンHT−03Aを、今のAndroid人気にあやかって再販するようなもんか。
HT-03Aは2009年7月発売で1年後に生産終了している。
KINの再販を見ているWindows Phone 7の現在あるいは進行形の端末メーカーの心境というのはどうなんだろう。

Windows Phone 7の明るい話題がない。
http://nanapho.jp/archives/2010/11/samsung-going-big-windows-phone-7-double-android/
SamsungがAndroidの2倍はWindows Phone 7を出すといっていることくらいか。

2010年11月19日

米国で激安Androidスマートフォン

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1011/18/news013.html
Androidの本領発揮、かなり低価格なモデルが米国キャリアから発売されるよう。
端末価格はもちろんだが、月額料金も低いとのこと。

タッチディスプレイって結構なまでに繊細だと思うけど低価格モデルにすると故障率が上がりそうだなと考えてみるが、低価格の魅力の前にはね。

100ドルパソコンは話題になってあれからどうなったか知らないが、ネットブックは従来ラップトップより低価格で1つのジャンルを築いた。

スマートフォンの需要増なんだから低価格にする必要もないとは思うが、そこは競争なんで市場占有率も大事な話なんだろう。

日本で低価格Androidはどうなんだろう。
一番最初にやりそうなソフトバンクはiPhoneを掲げているし、やるとしたらauか。
1社がやれば他社も追随せざるを得ないので動くんだろうが、ARPUが肝なんだろうし、月額料金の低いものはスマートフォンであろうとなかろうと願い下げだろう。
ということで、月額料金の低価格化は期待できないだろうが、端末価格の低価格化くらいは期待してもいいのかも。

iPhoneアプリ、Bunz Fighter

iPhoneアプリ、2D縦スクロールシューティングBunz FighterのレベルEasyをクリアした。
いつぞやの無料期間にダウンロードしていた。
無料で落としたものはついつい積読になって埋もれてしまうが、いかにもシューティングというアイコンだったのでプレイしてみた。

2Dの縦スクロールシューティング。
操作性はそこそこ良い方で、ゲームとしての完成度は結構高いと思う。
なんというか後半のゲームバランスが微妙かなと思う。

クリアしてから気付いたが、画面を1回タッチすれば攻撃範囲が変化し、ボムは画面のどこでもいいんで、おそらく2本指でタッチすれば発動する。
発動するには右下のゲージが貯まっている必要があるだろうし、当然ながら発動したら右下のゲージが減る。

おそらくNormalレベルをクリアすればHardがアンロックされるんだろう。
OpenFeintがあるんで達成感もありそう。
無料だったからだろうプレイ人数は多く、既にEasyレベルのランキングは4万人超。
105位で得点は67205だった。

追記 11/20
画面タッチの回数の件、間違っていましたすみません。
コメントいただきました。
自機をタッチ操作している指を含むので、2本指でタッチしたら武装の種類により攻撃が変わるものがあり、3本指でボムとなります。

また、NomalレベルクリアでHardレベルはアンロックされるようですね。

2010年11月18日

iPhoneアプリ、Lightning Fighter

iPhoneアプリ、縦スクロールシューティングLightning Fighterの初級レベルをクリアした。
Game Center対応のシューティングということでプレイしてみた。
非常にオーソドックス。
初級レベルだからだろう、敵は後方から出現せず攻撃のパターンは多くなかったが、後半ステージの敵は多めだ。
操作性はキリッとしてないと感じるかもしれないが、速く動かせる。
腕に覚えのある人は中級レベルから始めるのがイイんだろう。

攻撃は前方集中にミサイル、前方拡散、前方集中に敵機ロックオンの3種類。
ボムは能動的に使えるが、敵弾が当たったら自動的に発動する。
ということでボムがなくなった状態で自機に弾が当たれば1機を失い、最大3機まで。

結構なまでに攻撃の種類によって、攻撃力に差がつけてあるのを感じる。
一番攻撃力が高いのは前方集中にミサイル。
前方拡散でボスに挑むと、倒すのに時間がかかる。

操作には、ティルトとタッチが選べる。
オプションの項目で操作方法を選ぶのではなく、ゲームスタート時に選ぶ、のかな。
ゲームスタート時はティルト操作になっていて、画面にタッチするとタッチ操作になった。
弾幕系でもないので、自機への敵弾の当たり判定は大きめ。

ボス直前の警告は、シューティングのお約束みたいなものだろうが、その警告時にプチフリーズを起こすが、アプリがクラッシュすることはなかった。

他、敵を倒したら、得点アイテムの宝石と攻撃パワーアップアイテムとボムなどが自動的に画面中央に漂うんだが、これによって敵の弾が見えにくくなっているので、初級レベルではヌルいと思っていても、そこそこイイ感じになるんでは。
漂うアイテムたちは、一定時間が経てば画面からいなくなる。

さらに他、画面右下にスペシャルな攻撃ボタンとボムのボタンがあるが、タッチ操作で画面右下にいくと時たまボムのボタンを押したことになってしまう、と思うので注意。

iPhoneアプリ、AstroWingsの怪しい人気とゲームバランスの悪さを聞いて挑んだが、Easyの最後だろう9面のボス2体目が倒せず気分的に暗かったので、Lightning Fighterを初級とはいえクリアできたのは嬉しい限り。

2010年11月17日

HamiltonのPulsomatic

http://www.hamiltonwatch.jp/special/pulsomatic/index.html
ハミルトンのパルソマティックという腕時計が発売された。

関心はその駆動部。
自動巻で発電した電気を2次電池に蓄電し、これによってLEDを発光させる仕組みのよう。
駆動部においては既にセイコーがキネティックで実現して結構な年月が経っている。
今では手巻きでも発電可能なキネティックダイレクトドライブなるものもある。
どうも同じようだ。

LEDを時間表示に用いた世界初の腕時計とのこと。
ちょっと驚いたがディスプレイは液晶。
液晶は有機ELのような自発光ではないのでバックライトが必要になり、その光源がLED。
パワーリザーブは120日ということなんで、満充電以降は自動巻で発電しなくてもLEDを発光し続けて約4ヶ月動くということ。
肝は信頼性だろうが、自動巻に関してはムーブメントがETA社なんで問題なさそうだが、寿命が心配な2次電池、他にも耐磁機能とか大丈夫なのかどうか。

ようやっとセイコーの競合ができたと言えそう。

MacX iPhone DVD Video Converter Pack期間限定で無料

http://www.macxdvd.com/mac-iphone-dvd-video-converter-pack/
iPhone用動画変換ソフトMacX iPhone DVD Video Converter Packが11月30日まで無料とのこと。
同サイトにシリアルコードがある。

自身は使わないが、無料と聞いて。

Windows Phone 7でroot取得成功か

http://hackstor.blogspot.com/2010/11/news-windows-phone-7-root-jailbreak.html
HTCとSamsungだと。
ツールは出るのか。

2010年11月16日

Windows Phone 7の操作はサクサク

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/027/27812/
以前もどこかのレビューをみたことはあるが、改めてみてもWindows Phone 7の操作はサクサクだ。
端末メーカーによるOSのカスタマイズがほぼ無理らしいので、全機種でこの操作性が確保されていると考えられる。

米国初日販売4万台という数字をマイクロソフトも訂正とかしてないようで、大手メディア曰く供給不足とのこと。
今は一般消費者のスマートフォン需要増傾向にある中で、知名度も申し分ない米国で、売れない訳はないと思っていたが。
しかしというかKINという前例でメーカーやキャリアが尻込みしたんだろうか、とも思う。

正式には日本未発売。
現在の海外モデルは日本語の入力ができない。
何とも不安な情報ばかりだがもっと安心させてくれたら、少しはiPhoneやAndroidの需要抑制につながると思うんだが。
しかしマイクロソフトは、日本でのWindows Phone 7の需要には規模が出ない、と算段しているんだろう。

iPhoneは既にガジェット好き需要を超えて婦女子へ広まりつつあるらしい。
Androidは機種増で選択の幅が大きく広がって、選び放題。
週間販売ランキングに顔をだすキワモののauのIS01は、月8円運用で端末0円という何が目的なのという無茶ぶりも目立つが。
Windows Phone 7は、これだけサクサク動くんだから下手なAndroid製品より余程良いとは思うんだが、米国での販売成果や日本未発売含めてかなり残念な状況だ。
吉報はないんだろうか。

着々と脱獄されているようで、デザリングも隠されてはいるがOS標準で搭載されているよう。

2010年11月15日

iPadアプリ、Robokill

iPadアプリ、Robokillをクリアした。
レベルは47、だったか。
プレイ範囲全体を見下ろせる2Dのアクションシューティング、だと思う。
効果音が何というかキマっていて、完成度の高いアプリだと思う。
操作性はかなり快適。

武器の種類は多いが、遮蔽物に遮られるかの有無、弾の拡散の有無、ノックバックかフリーズの特殊効果の有無くらいが理解できれば大丈夫だろう。
中盤まではどんな武器でもゲームを進めていけるだろうが、終盤になると敵が多く動きも速くなるので拡散系でノックバック効果の武器を1つは装備しておきたいところ。

操作は、左のバーチャルパッドで自機の移動、右は武器の射撃発射方向へパッドを向ければ自動発射される。
このゲームの肝は自機をいかに上手に操れるかだろうが、操作性が快適な為、ゲームに集中できるし何だか頑張ろうと思えてくる。
注意したいのは移動できる範囲。
入った部屋それぞれで移動できる場所は異なっているので、部屋に入ってすぐ敵の位置と移動できるところを確認しないといけない。

移動できない場所にいくと、落ちる。
落ちれば、お金が減るなどのペナルティがある。
ヒットポイントシステムだが、敵の攻撃でヒットポイントがなくなれば落ちた時と同様にペナルティがある。
コンテニューの限度は、おそらくお金がなくなる、とかだろう。

敵を倒せばお金、武器、アイテムをたまに落とす。
落ちているこれらは、おそらく拾わない限りミッションクリアまで消えない。
特に回復系アイテムは、ヒットポイント全快でも拾えてしまうので、ダメージを負ってから拾いに戻るのもアリだろう。

4ステージ、13ミッションある。
1ミッションのボリュームは結構ある。

iPadを両手で抱え、両手の親指で移動と射撃を操作した。
長時間プレイしているとiPadは重く疲れるので、机に置いて、というのもありだろう。
ストレスなく操作できるので、爽快感はある。

2010年11月14日

Bluetoothヘッドフォンで音が変になるiTunes

11インチMacBook AirのiTunesで、ソニーのBluetoothヘッドフォンDR-BT101から音楽を聴いていると音が壊れる。
それはiTunesで音楽を1時間以上聴いている時に起こる。
デジタル的にエフェクトがかかった感じで音が変になっていく。
iTunesを再起動しても、同様の現象になる。
といってもVLCプレーヤーで動画をみても音が壊れることはなかった。

MacBook Air以前はユニボディMacBookを使っていたが、iTunesをはじめ、DVDプレーヤーその他も時間に関係なく、これまでほぼ1年間に渡って使用に問題はなかった。
普段はBluetoothヘッドフォンを使わないiPhone 4とiPad Wifiモデルでも3時間程使ってみたが、両方ともiPodアプリで音楽を問題なく聴いことができた。
サブで使っている有線ヘッドフォンでも問題はない。
ということで、おそらくDR-BT101側には問題がなさそうに思う。
ネットはWifi経由なんでBluetoothの2.4GHzの干渉も考えられるが、条件は同じだろう。

MacBook AirにBluetoothをペアリングしているのはDR-BT101だけ。
iOS 4.2の脱獄を控えているのでとりあえずMac OS 10.6.4、iTunes 10.0.1。
アップデートの内容はみたが、関係ありそうなのはなかった。

解決方法は、よく分からない。
MacBook Airは使い始めて1週間程度で、ソフトは10程度インストールしたが音に関係するのはVLCプレーヤーだけだしBluetoothに関するものはない。
MacのPRAMとかSMCのリセットとかって大袈裟な話でもないと思うんだが。

2010年11月13日

iPhone 4に温度警告だと

http://nanapho.jp/archives/2010/11/windows-phone-7-outlasts-iphone-html/
無茶してる。

エクリプス トワイライト・サーガ

エクリプス トワイライト・サーガを字幕で観てきた。
iTunesで映画が購入、レンタルできるようになったニュースで賑わっているが、何だか人が疎らの映画館に足を運んだ。

トワイライトのシリーズ3作目。
最初に1、2作目のストーリーを振り返るAパートがあった。
これが吹き替えなんだが滅茶苦茶ヘボイ吹き替えだったんで、出会い頭をへこまされた。

本編は背景のCG処理の不自然さが目立ったものの、ストーリーは良かったと思う。
ベラの気持ちを大きな軸としているのが、このシリーズ全体の持ち味。
バンパイアとオオカミいうファンタジー要素が下地であり見せ場なんだが、これら見せ場をつないでまとめているのはベラという特殊な人間。

アクションも見所の1つだが、人間目線になると目に見えない早さの演出になり、バンパイア同士だと見える早さの演出になるなど芸が細かい。

言い寄る2人のタイプの違いも目立つが、ベラの気持ちの微妙さ加減はもっと見物だ。
米国製作だからなのかその微妙さが少し直情的だなと映り、観ている自身は米国人ではないんだなと思った。

2010年11月12日

11インチMacBook Airを使ってみて

11インチのMacBook Airを使ってほぼ1週間が経つ。

軽い、薄い、小さい。
これだけで十分のような気もするが、やはりキビキビ動くというのが肝になる。

主にユニボディMacBookとの比較になるが、以下に気づいた点を。
画面のアスペクト比は16:9でMacBookの16:10とは違い横長だ。
画面サイズと解像度も異なるが、画面の縦の表示領域はMacBookとほぼ同じだと使っていて分かった。
当然だが、縦の表示領域がほぼ同じなんで、その分MacBook Airでは小さく表示されてはいる。

キーストロークは浅いかなと思う。
キーボードの一番上のファンクション関係のキーが細っているので、たまに押しにくいとも感じる。
キーバックライトがないので、キーの文字や記号はどうなっているのか。
プリントされてるようには思えないが。
どこかにレビュー記事があったように思うんだが、忘れた。

トラックパッドの使い勝手はMacBookと同じだろうが、縦というか奥行きのサイズが小さい。
クリック音が鈍いので少し間が抜けているとも思うし、押しのストロークも短いのかも。
トラックパッド保護フィルムは、2枚入りのユニボディMacBook用のが1枚余っていて、これは横の長さが同じだったので上辺部分を少しカットして使っている。
これでも十分使用に耐えるが、早く正式対応の商品が出ればいいとは思う。

画面保護フィルムは、装着しない、ことにした。
パームレスト保護とキーボードカバーは後々の気分任せ。

おそらく個人使用のパソコンでメモリ4GBのマシンというのは初になった。
これまでは初代MacBook AirやMacBookでIllustratorやPhotoshop、VMware Fusion上のWindowsでいろんなソフトを動かしていたが、メモリは標準2GBだった。
今では代替の軽いソフトやフリーソフトでこと足りる環境ということもあり、特に常用しているのはSafariとiTunesくらいといういかにも軟弱な環境だ。
メモリ4GBというのもそれだけ気合いが入っていたのだと。
ということで4GBになっても、その効果は全然分からない。

電源アダプタのコネクタ形状は随分変遷していると思うが、今回のはメタルの覆っている部分が大きくなっているので歓迎だ。
これまではマグネット部と同じくらいの大きさしかメタル部分がなかったと思うが、それだと着脱の際に樹脂部分を持つのですぐに樹脂が黒ずむし、耐久性も心配だった。
それでも今回のデザインはスマートなんで、メタル部分を持っての着脱はやりづらいが。

圧倒的に使うソフトが減ったので、MacBookから移行アシスタントでデータを移していない。
要所はTime Machineのバックアップデータからコピーしつつ、従来の環境にした。
ということで、これまではほとんど気にしなかったが改めてAppleのプレインストールものを眺めていたんだが、使えるなと思ったのが辞書。
知ってはいたが、試用して以来は使っていなかった。
ちょっとiTunesをみたが、収録語数は不明なものの大辞泉はiPhoneと同じ環境にできる。
同様にプログレッシブ英和・和英はMacが中辞典だが、iPhoneにも同じようなものがある。
類語例解辞典は小学館のものだろうがiPhoneにはなく、角川で同じようなのはあった。
Mac App Storeがスタートすると、こうしたプレインストールものは結構有利な立場だと思うが、今後は何かの変化があったりするのかどうか。

OS言語は気分で英語にしている。
久しぶりなんで、なかなか新鮮。
iTunesのアプリ表示などでは、米国ストアと勘違いしてしまう程にほぼ英語になるんだな。

冬ということもあるが、発熱はMacBook程は感じないしもちろん初代MacBook Airとは比較にならない程小さい。
熱くなるとするとマシンの底面だ。
結構な時間を膝の上で使っている。
MacBook Airと膝の間には何も置いてないが、季節も季節なんで、少しマシンは熱くなるが気にならない。
夏になると、この間を何かで遮らないといけないだろうが。
やはりパームレストとキーボードへ、MacBookとかより熱さを感じないというのは大きいとも思う。

空冷ファンが回っているのか不明だ。
SafariとiTunes程度の使用だとファンは回らないんだろう。

11インチMacBook Air、iPad、iPhoneでも使える外付けバッテリーが欲しくなる。
HyperMacはMagSafeの特許か何かでいろいろあったらしいがどうなったのか、まだあるのかないのか。
バッテリー持続はあまり試していないが、やはりFlashプラグインを使わないに超したことはないようだ。
基本的に一番大きく影響するのはおそらく画面の明るさで、次は使うソフトやその数になるんだろう。
屋内なら一番暗くしても問題ないだろうし、屋外では個人差の最適なところを見つければいいんだろう。

iPhoneアプリ、Phoenix 得点アップ

iPhoneアプリ、Phoenixでようやっと得点が上がった。
前回よりプレイ人数が倍増しランク上位の得点がパねぇ感じなので尻込みしていたが、自身もようやく得点が伸びた。

しかしまあ、ゲームに区切りがないので疲れるったらない。
一時中断できるんだが、リズムがイイ時は続けてプレイしたいとは思う。
指がツルかと思った。