ページ

2009年9月18日

NetWalkerはどうだろう

NetWalkerはやはりビジネスユーザーが主な対象であって,本体価格が下がってこないとコンシューマーユーザーにまで台数を裁くのは難しいだろうというのが,感想。

その理由は,まずネット接続でモバイルするためにはUSBの通信機器の別途契約や通信費用が必要だし,また,ネットブック購入が一段落した今になって同じような価格帯のPCでしかもLinuxという敷居のものを買わそうとするのは難しいのでは,と考える。

手を出すのはデジものリテラシーの高い層とザウルスユーザー,Linuxユーザーくらいになるのでは,と思ってしまう。

何より,各ソフトの動作がネットブックと同じでモッサリし過ぎているのが残念で,Linuxは高速です,と言い切るくらいのCPUとメモリを積んで現在の価格だったらイイのに,初めて使う人がLinuxに悪い印象を持たないようにと逆に心配してしまう。
私としては,中途半端に思えるタッチパネル液晶が残念で,ここを普通のLEDバックライト液晶にしておけば,メモリが倍増しCPUも強化できると思うんだが。

あとはザウルスと同様にちゃんと後継機を出し続ける,もしくは,辞書PCとでも言って辞書販売のバリエーションで勝負するしかないだろう。
その辞書もプレインストールされている訳でなし,別途買ってもらおうというんだから難しい。

とはいうものの,iPod touchのゲーム機用途のように,NetWalkeの辞書用途普及が進んで電子辞書の高級機市場とでもいうのができれば,とも思うがすでにあるのかな。

0 件のコメント: