ページ

2009年8月8日

HT-03A触ってきた

今日はついてない日だ。
自転車に乗ろうと3mくらいまで近づいたら、向かいから歩いてきた女の人がスカートを、私の自転車に引っ掛けて倒しやがった。
こうして私の知らない間にも、傷を負っているんだなあと実感した。

池袋のビックカメラでHT-03Aを触ってきた。
今更感が強いが、おかげで待つこともなく、じっくり試せた。

ネット上でも言われているが、ホールド感が確かに良い。
iPhoneは画面サイズを優先したのか知らんが、HT-03Aのホールド感は安心できるものがあり、さらにストラップホール付だ。

タッチパネルは静電容量式なんでiPhoneと同じだが、スクロールホイールも搭載しているのがHT-03Aの特徴だ。
ますタッチパネルは、iPhone 3GSと比較すると、少しレスポンスが悪い。
HT-03Aをタッチ操作すると、iPhoneのタッチ操作で範囲外にまでいけそうでいけない余剰を残した操作感が何故気持ちイイのか、わかる気もする。
スクロールホイールもあるが、他のレビューと同様に、どっちで操作しようか迷うのが正直なところ。
私は、スクロールホイール操作でのレスポンスが良かったからか、こちらが気に入っていたが、やはりどこかでタッチパネルに戻らなければならない。

あとは、ブラウザを立ち上げた感想としては、少し動作の速い普通の携帯電話のブラウザとデジャブなデザインで、アレっと思った。
ここら辺から、どうもパソコンいわゆるWindowsのOSとのデジャブや、パソコンを小さくしました感も強くなってきた。
iPhoneを触っていると垢抜けないと断じてしまえるが、従来携帯電話を使っているもしくはパソコンを使う年齢層には取っ付きやすいと感じると思われる。

また、Windows Mobileでもそうだが、設定やページ全体がコンパクトにまとまっていないと感じる。
単純に考えると、背景画像やデザインが変わるページが多すぎて、操作しましたという煩雑感が強い。
iPhoneと比較しても、できることはそんなに変わらないんだろうが、iPhoneのミニマムデザインは別のものという感想は強い。

購入して試してないので設定などもできず(複数アカウントは使えない)、HT-03AはGoogleのアカウントで直ぐに使えるようになるし、Googleの各種サービスを利用している人には嬉しい端末だが、店頭の実機を触っただけということもあるが、HT-03Aは、iPhoneへ取っ付きにくいユーザビリティ層(Windows Mobileのユーザー層)を狙っているんではないかと、感じた次第だ。

このことからもHT-03Aは、iPhoneの次に市場に投入したマーケティングありきのものであり、驚きなどは期待しない方がよく、かなり愚直な奴だなと。

0 件のコメント: