ページ

2009年8月13日

竹光侍の1巻

松本大洋の竹光侍、1巻を読んだ。

なんだか珍しく、ゴールの見えない、心意気だけが横たわるストーリー展開だなというのが、最初の感想かな。
続きは読むが、話はだいたい見えたと思っていたら、7巻まであるよう。
どうだろう。

0 件のコメント: