ページ

2009年7月18日

iPhone 3GS脱獄し直し

iPhone 3GSを脱獄したんだが、CydiaアプリのiFilesをインストール後にApp Storeアプリのファイルを変更してしまっていたのか、App Storeアプリが起動しなくなった。
寝転んでiPhone 3GSを弄っていて、目が覚めた後、再び弄っていると症状が。

仕方ないんでiPhone 3GSを復元して出荷時に戻し、再度、purplera1nで試みたが何度やってもFreezeアイコンが姿をみせない。
何でかな、と考えていると、SBSettingsのHide IconsでFreezeアイコンを消してたんで、再インストールしてもアイコンは表れなかったことになる。
しょうがないんで、redsn0wでCydiaをインストールしてなんとか成功。
redsn0wのMac版でバージョンは0.8だった。

方法
redsn0w.appを起動する。
iPhone OSのファームウェアの場所を聞かれるので、事前にiTunesでファームウェアだけダウンロードしておく。
ダウンロードされてるのは、ホームのLibraryからiTunesの下くらいにあったような。
iPhone2,1_3.0_7A341_Restore.ipswだったような。
そんでインストールするのをCydiaかIcyか聞かれるので、インストールするのにチェックを入れる。

次にリカバリーモードでMacに接続してくれと言われる。
ここまでの作業では、iPhoneをMacに接続しておくこともない。
iPhoneはMacと接続せずに、電源切っておく。
そして、ホームボタンを数秒押し続け、そのままケーブルでMacと接続する。
するとiTunesにつないでくれ画面がでると、次にredsn0wが動き出す。
ホームボタンは、iTunesにつないでくれ画面が出るまで離さないようにする。

Mac側のredsn0wは早々に作業を終了するが、iPhone側の作業が続いているので、そのまま放置。
iPhone側で勝手に再起動までするんで、Cydiaなりがインストールされていたら成功となる。

Freezeも拝めたことだし、Cydeleteで消せるのかどうか、不安でもある。

追記
Cydeleteには、FreezeはCydiaアプリじゃないんで消せないといわれたので、素直にDisk Aidからrootの下にあるFreezeを直接削除した。
疲れた。

0 件のコメント: