ページ

2009年6月28日

iPhone 3GSは従来ものが流用できるな

iPhone 3GSはiPhone 3Gと筐体サイズが同じということで、ケースも特に念押しでチェックしなくても、iPhone用とわかれば購入できる。
フィルムも同じ。

ケーブルは、ArvelのPod Funという200mmくらいで黒いのを使っていたが、物理的な接続も、同期も充電も問題ないようだ。

ケースは、ストラップなしが1年続いたが外出時に落としたとこは一度も無く、寝転がっている時の寝る瞬間にベットから落としたことが数回あるだけであり、結構なほど用心深く使ってきた。
最初は厚みのあるポリカ素材のものなどを使っていたが、今では背面を覆っているだけの薄いシンプルなものに落ち着いた。
私は、外出時に落とさないということで、これでいいものの、やはりストラップ付きのシンプルなケースは欲しい。

周辺関連ものは、一日で揃ったが、今度はアプリの見直しをやりたい。
iPhone 3GSは機能向上したので存在意義をなくしたようなアプリも続出していると思うが、それらの大雑把な選別とか、躊躇っていた重たいアプリやバーコードの読み取りアプリ、画像検索アプリ、動画系のWEBのブックマークやアプリもやっていきたい。
あとは同期具合も重要か。

iPhone 3GはOS2.2.1のままで当面やってみる。
面倒くさいが、一度まっさらにしてから再度脱獄し、ゲーム専用にするのもいいかも。
しかし、手荷物が増えてバッテリー確保などが常に問題となるので、一年後とかにもまだ頻度が高ければバッテリー交換もありか。

0 件のコメント: