ページ

2009年6月18日

iPhone 3G S予約してきた

会社の昼休みに池袋のビックカメラにいってiPhone 3G Sを予約してきた。
帰りに寄れるし、選択肢もあまりなかったことから半ば仕方ない選択ともいえる。
Wホワイトのプランは強制的に入らざるを得ないとのことだったので入ったが、次の日にはWホワイトを解約できるようなので、必ず次の日に解約してやる。

今、iPhone 3Gを持っているが、新規の買い増しでiPhone 3G Sの32Gの黒を予約した。
せっかく量販店を選んでいるんで本体価格は一括購入にした。

脱獄していることもあり、また、SIMを残してiPhoneをしゃぶり尽くす方法もあるんじゃないかと考えるんだが、どうだろう。
唯一、バッテリー交換が難しいので末永く付き合える代物ではなく、この点は特にAppleに踊らされている感が強いとも思う。
MacBook系もバッテリー交換ができなくなっている方向と記憶しているが、これは明らかな消費者いじめだろ。
こういうモノ作りを容認してしまうのは、ユーザーの損につながることは間違いなく、不満な点ではある。

iPhoneのOS 3.0にはまだアップデートしていない。
当然ながら脱獄してるからだが、非脱獄に戻るのもアリか。
しかし、3.0でも以前のように脱獄できたとしても、SIMフリー、デザリング、カメラのシャッター音の消音などCUI操作による各種カスタマイズくらいしかメリットがなくなるような気もする。
デザリングは結構重要だろ。
設備投資をケチっているソフトバンクにはデザリングの要求は通りそうになく、脱獄後にデザリングができることを祈るばかりだ。

0 件のコメント: