ページ

2009年5月31日

iTunesでウインド2枚以上


いままで知らんかったが、iTunesのウインドウの左側のムービー、テレビ番組、アプリケーションなど並んでいる項目を右クリックして開くと、アプリケーションならアプリケーションの新規ウインドウが開く。

しかし、これは出来るだけで、何にもならんと思うが。

2009年5月30日

iPhoneアプリのアップデートが388


iPhoneは、電話として使わなくなっても積極的にゲーム機として使える、と考える。
なもんで、ダウン厨と罵られても、きっちりやることはヤル。

これまでダウンロードしたアプリを整理していたら全部で2500くらいあったので、とりあえずほぼ全てiTunesに戻してアップデートをかけてみると、アップデート可能なのは388になったが、この数字も怪しいとはいえる。
これまで1500くらいはiTunesで管理していた。

iTunesのアップデート機能はどこか狂っていたし、初代MacBook Airという非力に加えて嫌な気もしたが、アップデートは案の定うまくいかない。
一度に130くらいしかアップデートできない。
一度目の125アプリの更新が終わると、次に138個のアップデートができるとiTunesが知らせてくる。
今回のケースだけだろうか。

誰か4万のアプリをiTunesで管理している強者はいないんだろうか。

4万のアプリがあるなら、その1割以下を管理するのにも十分でないとするとiTunesは褒められたものではない。
アプリの個別情報は、Musicのソートで出力されるし、iPodなどハード対応のアップデートだけではなく、アップル本来の力を発揮して使いやすいiTunesに再構築してほしいもんだ。

2009年5月24日

docomo PRO series HT-03A

ドコモからAndroidケータイが発表されたが、なんだか期待ハズレに終わりそうだな。
まずバッテリー持続がヘボイ、しかも作り込んだ感がなさげでG1とほぼ同じみたいらしく、ハイ作りましたってな具合にしか見えない。
OSがオープンってことは、開発が熟れてきた時に既存の資産を生かして製作した方がいいのはアホでも分かるんで、最初は各メーカーが様子見なのは当たり前ってなもんか。
操作は、iPhoneと同じ静電容量式だっけか、しかもどちらもリアルなキーがないし、モロ比較されんだろうな。

これだとT-01Aの方が初見のインパクトが強い。
Quick Timeに関わってた人が開発に加わっていたとかなんとからしいし。

HT-03Aに手を出すのは一寸イヤだな、完全に様子見だわな。
発売日は、下手したらiPhoneの次モデルとバッティングするし、そうなるとスタートで躓く確率は高く、Androidの普及も遅れる。

しかし、ソフトバンクがコケたらiPhoneはゲーム機用途くらいにしかならんし、Androidでも使ってみるかという気にはなるかも。

2009年5月23日

白山眼鏡

今はプラスチックの黒フレームだが、若づくりし過ぎているらしい。
最近は、太い黒ぶちの眼鏡に違和感ないが、ん。

そこで落ち着いた常識を求めて、とりあえずネットで探してみたが、どうもイカン。
そこで、自らのかけている眼鏡を手にとると、白山眼鏡らしい。
どういうわけか,白山眼鏡は、2本ある.
一本は頂きもの。
思い出してきた。

次も白山にしてみるか。
高いけど。

今の世の中、眼鏡は叩き売りされているわな。
レンズ込みでこんなに安いんかい、とは思うが、無印良品でも扱ってるし。
まあ、白山だとレンズ込みでNetBookを買ったくらいに思ってりゃいいわけだわな。

2009年5月17日

眼鏡、自転車、Android

最近、物欲が。

今は白山眼鏡のフレームがプラの奴だが、チタンフレームが気になりだした。
白山のフレームは少ロット生産で在庫が切れたらなくなってしまうという、AppleしかりARTISAN & ARTISTしかりのメーカー都合の供給体制である。
たいていのメーカーは、こういう生産だが、使う方は現在のが気に入っていても、当該商品耐久サイクル内で同じのを買うことは、ほぼ無理だ。
新刊本じゃないんだが、売れ筋を探るために少ロット生産で、商品鮮度が非常に短い。

自転車はやっぱりBiomegaのCopenhagenだ。
そのために所持してるシャフトドライブのママチャリなんかを売却したい。
ネットのオークション以外で、ママチャリを買い取ってくれるところは、リサイクルショプくらいだ。
駆動機構がシャフトドライブだろうが、ママチャリの範疇だと、理解はしてもらえないだろう。

docomoが6月にAndroid端末を出すようだ。
確かに欲しい時が買い時だが、SoftBankでも発売したり、時間差でdocomoから複数メーカーで発売されたりしたら悔しい気もする。
特にSoftBankだと、iPhoneにプラスして2台持ちになるんで割引がありそうな、ないような。

Android端末は一度は必ず買うつもりだが、Windows Mobileしかりで、市場初登場時に買うと大抵は動作不安定やら操作インターフェイスが歪だったりしてションボリするもんだが、iPhoneを見習って少しはマシな売りもんを開発してくれることを願うばかりだ。
iPhoneも最初はバグが多いが、特にインターフェイスへの作り込みはスゴいと思う。
一方のWindows Mobileは、端末毎の作り込みがされておらずメーカーにとって開発期間は短くて済むが、その分操作性は悪く重く、最初からブラウザやメールアプリが2つずつインストールされてたりで、OSメーカーや端末メーカーにしかメリットがなく、誰のための端末かよくわからなくなる。
Androidはそうならないで欲しいが、この経済環境下、開発費用も削減されてるんだろうし、iPhoneと戦うことが出来るという展望を持ったメーカーでないと、Windows Mobileと比較して開発費用が削減できるなんて言ってたんじゃあ、結局出来上がったものは開発費用だけ削減できたメーカー満足で終わる端末が華々しく投入されることになる。
iPhoneのApp Storeのエコシステムも確かにスゴいが、まずは端末を触ったレスポンスに違和感のない操作性が確立できるまで作り込めているかは、かなり重要だろう。
当たり前だがユーザーが対面し触れているのは端末なんだし、インターフェイスの作り込みは必ずユーザーに伝わると思うんだが、メーカーには理解できないんだろうな。
端末価格がえらい安いみたいだし、買う分には歓迎なんだが、中身は大丈夫かいな。

2009年5月15日

Twitterやってみた

食わず嫌いにならないよう意識しているつもりが、なかなか。

ケータイは、現行のキャリアは全て契約して使ったことはあり、取っ付きやすいんだが。
ウェブサービスのフォローは、なかなか面倒い。

iPhonefanは、Google Readerに登録しみているだけだったが、その際、何故かTwitterの1日分の遣り取りをまとめて1項目としてみれるようになっている。
Twitterは知っていたし、こういうもんなんだとは感じていたが、これはクライアント根性丸出しだと駄目だわな。
といっても、まずはiPhoneのアプリで閲覧性の高いのを端緒に、気が向いたら、つぶやいてみたい。

そういやmixiなるものも結構大きいコミュニティーのようだが、これには参加してないな。
いきなりTwitterやるっていうのも、なんだが新興国がADSLをすっ飛ばして光ブロードバンドを導入し始めるようなもんか、違うか。

2009年5月14日

CoolBookControllerは効果あり

MacBook AirにCoolBookControllerを使っているが、あわせてsmcFanControlも使うことで冷却ファンが6000rpmとかにならず、五月蝿くなくてイイ。

だいたいからして、もうこの期節で、SafariとiTunesをたちあげただけで50℃に達することからもファンの音は結構うるさかった。
あとは、ソフトの組み合わせや設定によって、MacBook Airが昇天しないことを祈るのみ。

2009年5月11日

スキミング防止カードは効果有り

上下からサンドイッチにしなくても、改札機は通れないし、効果のほどに結構ビビった。
やるねスキミングとやらは。

しかし、性能差がぜんぜんわからんのも困る。

2009年5月10日

iPhoneアプリのキングソフト辞書

キングソフト辞書をアップデートしないでいたが、ひょんなことから使ってみると、ちょっとした語彙に反応せず、日本語やKOTOBAといったアプリの方が余程賢いことが分かった。
もうアップデートしてもいいんで、iPhoneから削除することにした。
大辞林とか研究社新英和とかのアプリが何故かiPhoneに入らないし、辞書アプリは当初4〜6は入れていたが、流石に整理して今はキングソフト辞書を削除して2つになった。

そういえばiPhoneにストラップホール付きのスタイリッシュなケースが製品化されないし、MacBook AIrの冷却ファンがすぐに6000rpmにまで達するくらいに気温が上がってきたし、なんだかな。
しかし、仕事でMacを使用しなくなると、本当に家で使うだけになってしまうので、なんだか困る。
仕事はWindowsXPなんで、iPhoneとの同期がいろいろ面倒くさい。

BentoのiPhoneアプリを使用していると、どうやらMac側でもBentoソフトがいるのやら知らんが、Macを仕事で使わないし。

2009年5月6日

Mac miniとS12HT売却

連休ということで、掃除のついでに片付けたいものを売りに出した。

Mac miniとモニター、イーモバイルのS12HTを売却した。
いずれも早期に手をつけていれば、売価も高値をつけていたんだが、無精は仕方のない性だとつくづく思う。

S12HTは、リアル店舗へ買い取りに持ち込んだ。
そのため、久しぶりにわざわざ秋葉原へ出かけたが、駅から出て目的地へ着くまで豪快に迷った。

買い取り審査に1時間程度必要だったので、その間、駅周辺を歩いた。
以前と比べ、ネットで売買できることからも、秋葉原で売買しないと探しモノがないとか割得感を感じることもなくなったので、地理的な雰囲気を確かめる程度にブラブラ歩き、店舗内を冷やかすこともなかった。
しかし、電気街側の消費としての街の顔は、アニメ雰囲気で溢れてたな。
今後は余程のことがないと秋葉原に出向くことは無さそうだ。

これでMacは、MacBook Airだけになった。
Macの手持ちが一つになったのは、随分久しぶりだ。
確か、Macを購入したての時と、PowerBook G4 12inchの時くらいかな。
ポータブルの噂は絶えないが、もう13Inchより小さいのはラインナップされないと考えているので、OSが10.6になったらMacBook AirをSSDタイプにでも買い替えたいとは思っている。

Macの革新より、iPhoneの革新の方をみたいというのが正直なところ。
しかし、急ぎはしないが。
もう、Macはキーボードがガラスとかフィルム状になったり、さらに小型化しても驚きはしない。
欲をいえば技術革新の技術軸が、CPUの処理速度やメモリなどから、バッテリーへ移るのが望ましい。
つまりバッテリーの技術革新が、次のアイデアへ連鎖していくのが理想的だと思うんだが、さらにはバッテリーレスでも構わない。
要するに、これだけバッテリー寿命が伸ばせて小型化できるんで、こんなデバイスつくってみましたとか、そんな発表があってもいいとは思うんだが。

Appleは、CPUとかメモリの技術をもってないし、製造は外注だし、こだわっているのはデザインだったりユーザーインターフェイスの部分である。
しかし、USBとか筐体のミニマム化など先見の目を持っていることからも、バッテリー持続へもフォーカスしてほしいもんだと思っている。

2009年5月4日

市川の男爵

市川駅周辺は再開発かなんか知らんが、様変わりしてる。

味の男爵だっけか、市川と小岩にあるラーメン店。
市川の店舗場所が2転3転し、私の知る限り3転目で現在はマンション一階に移っている。
店名が、男爵、になってた。

新しい店舗内はめちゃめちゃキレイなんで、入ってビビった。

野菜ラーメン・塩をメインで喰ってるんで分からんが、まず麺が変わってた。
あれは生茹でっていうのか知らんが、半透明になってた。
器も小奇麗になってたかな。
餃子に癖がなくなったような気もする。

やっぱり一見さんは、ラーメンと餃子のボリュームに驚いてた。

以前の店舗は、結構な頻度でアブラムシとコンニチワしていたので店内の衛生面が疑わしかったが、おそらく新店舗になっても大して変わらんだろうなと。
それだけに不祥事は起こさないでほしいもんだ。

お得なとき

ビジネス街の祝日連休前の飲み屋は、お得なことがあるよう。

ビジネス街は祝日に人はいなくなる。
すると飲み屋も休む。
休むけど新鮮な食材は食べごろがある。
祝日連休が大きい程、不足感がないように新鮮な食材をメニューにのせつつも効率よく新鮮な食材を使い切りたいのが実情のようだ。

だもんで、当該日にいくと、皿への盛りが増えたり思わぬサービスがあるかも。