ページ

2008年9月8日

303件目だった

梅田のロフトの1Fの1000円の散髪屋にいってきた。

しかし、散髪してくれたのは理髪のスキルがない人だった。
最初のハサミを入れたときに、ヤバいと思った。
ハサミのアクションに迷いがあるし動作が緩慢だったので、髪を切るたびに凄く不安になった。

私は散髪中は目をつぶるか、寝ることにしている。
でも、今回は不安な心境からも途中からずっと目を開けていた。

仕上がりは、時間をかけて丁寧に自分で散髪したような髪になった。
特に首筋のあたりの処理なんかは自分で切った時とそう変わらなかったが、早々に引き上げてきた。
今までも1000円の散髪屋にはいったことがあるが、ここまで酷い人に散髪されたのは初めてだった。
散髪で、切り過ぎた間違いを取り戻すのは大変なことは誰でもわかる。
安いところで散髪しているからといって、言いたい事は言わないといけないと思った。

0 件のコメント: