ページ

2008年7月29日

iPhoneに欲しいアプリ

iPhoneで実現してほしいアプリを挙げてみる。

電力消費増を抑制したいということで、例えばSafariを立ち上げている際に画面内の文字を白抜き文字にして背景その他は真っ黒にしてしまう、というアプリはどうか。
ページのレイアウトはそのままで、画像のあるところは枠だけを表示するとかして、枠内をクリックすれば画像だけ明転して表示される。
しかしこれもw3mのように背景がブラックでテキスト表示だけできればいい、というのもアリだし、カスタマイズアプリで実現できれば越したことはないが、せっかくiPhoneのインターフェイスなんだし、とも思う。
とにかく電力消費を抑制したい。

他に頻繁に使うアプリはゲームだとすると、ゲーム時の電力消費は非常に大きいのは分かりきっている。
それなら、せっかくの大画面だが、強制的に画面表示サイズを3分の2にし、その他を画面表示できないようにするアプリはどうか。

しかし常駐タイプのアプリが無理だとか、アプリ制作に制約が多そうなのもわかる。
といってもアプリをインストールしすぎると動作が不安定になるなど極めてMacに似ているし、そもそもMacにできてiPhoneにできないことはいずれなくなるんだろう。
もっと未来には、アニメなどで登場する画像を空中に投影する携帯や、メガネタイプのもの、人体に埋め込んだようなものまで様々有り、妄想は広がる。

0 件のコメント: