ページ

2008年7月1日

アフタースクール

1日ということで映画館で映画を観てきた。

ジャンルは邦画で、ライトなノリのサスペンスといえばいいのか。
今回は観たい俳優がいなかったので、消去法で残ったものを観たが、良かった。

景気が悪い社会状況にぴったりな背景だが、ストーリーの展開は古典的で、話が進むにつれて最初の状況と全く違った結末になっていき全体像がハッキリし、そのギャップと少し笑える演出で、ほんの少し笑いオチする。

大泉洋も佐々木蔵之介の演技も良く、何よりストーリーが徐々にネタばらしをしつつ最初に抱く方向とはズレてくるので話に引き込まれるが、最後の3分の1くらいはネタバレ後の俯瞰になるので、こういう映画はたくさんの人で観ると腑に落ちる感が強い。

まさに全体的に娯楽という体であまり主張するものがないので深く印象に残るもんではないような気もするが、しっかりしたストーリーだ。
こういうのはエンドロール後に必ず数カット残っていると思っていたが、その通りだった。

0 件のコメント: