ページ

2008年7月30日

iPhoneのバッテリー

iPhoneのバッテリーにeneloopのKBC-E1Sが使えた。
前回はiPhoneのバッテリーが残り20%以下のレッド表示の時にKBC-E1Sを接続しても反応しなかったので、無駄金だったかと思った。

今回、バッテリー表示が約半分の時に繋ぐと、KBC-E1S側も早点滅してくれて、iPhone側も充電状態になってくれる。

iPhoneのバッテリーが残り20%以下のレッド表示の時にはKBC-E1S側は、充電不要の反応しか示さず、充電してくれない。
このことからも、おそらく、iPhoneにKBC-E1Sで充電するにバッテリー表示が最低でもグリーンの時にしか充電できないのだろう。

MacBookAirもそうだが、電源管理には意外とうるさいAppleかも。

2008年7月29日

iPhoneに欲しいアプリ

iPhoneで実現してほしいアプリを挙げてみる。

電力消費増を抑制したいということで、例えばSafariを立ち上げている際に画面内の文字を白抜き文字にして背景その他は真っ黒にしてしまう、というアプリはどうか。
ページのレイアウトはそのままで、画像のあるところは枠だけを表示するとかして、枠内をクリックすれば画像だけ明転して表示される。
しかしこれもw3mのように背景がブラックでテキスト表示だけできればいい、というのもアリだし、カスタマイズアプリで実現できれば越したことはないが、せっかくiPhoneのインターフェイスなんだし、とも思う。
とにかく電力消費を抑制したい。

他に頻繁に使うアプリはゲームだとすると、ゲーム時の電力消費は非常に大きいのは分かりきっている。
それなら、せっかくの大画面だが、強制的に画面表示サイズを3分の2にし、その他を画面表示できないようにするアプリはどうか。

しかし常駐タイプのアプリが無理だとか、アプリ制作に制約が多そうなのもわかる。
といってもアプリをインストールしすぎると動作が不安定になるなど極めてMacに似ているし、そもそもMacにできてiPhoneにできないことはいずれなくなるんだろう。
もっと未来には、アニメなどで登場する画像を空中に投影する携帯や、メガネタイプのもの、人体に埋め込んだようなものまで様々有り、妄想は広がる。

iPhone使用感

iPhoneを使用して2週間以上を経るが、Safariを頻繁に使用することからも強制終了が頻繁に起こるのが目につく。
よくGoogleリーダーを使用していると、ページを複数表示後にリーダーに戻ると自動的にページを再読み込みしてしまう。
日本語入力は、純正アプリのメモならストレス無く操作できるが、Safariでは頻繁に入力しているとモッサリするケースが多い。
携帯では受信拒否されるようで、携帯メールとして使うのは面倒くさいし、パソコンメールとしてはGmailがあるので、@i.softbank.jpアドレスの使いどころがわからない。
カメラが暗いところだと撮影が難しい。
Yahoo!メールをメールアプリでアカウント登録できない。
Gmailに@i.softbank.jpメールアカウントを登録できない。
アプリは無料のしか使用してないが、続けて使おうというものがまだない。
16GBにしたが、iPod機能を使わないのでストレージが余っている(Jailbreakすればストレージとして使用できるのかも)。
正規の手続きを経なければ手段はいくらでもあるのだろうが、まだ臨んでいない。
ケースも欲しいが、ストラップを取り付けることができるシンプルなポリカーボネイト製のものがなかなか発売されない。
バッテリー消耗が激しすぎる。
エネループの単3を2本でUSB出力してiPhoneに充電しようとしてできなかった。
iPod touch用のページが数多くあり、使える。
You got mailの通知は、5通なら5回分ボタンを押さなければいけないのが面倒くさい。

2008年7月19日

iPhoneのSafariは頻繁に落ちる

これまでブラウザなどでRSSリーダーを使ったことがなく、せいぜいブックマークするくらいだった。
しかしiPhoneの導入を期にRSSリーダーを利用してみようと思い立った。

まず使ったのはGoogleのRSSリーダーだ。
MacにもiPhoneにもインストールせずに使えるのがイイ。
登録や管理はMacなどパソコン上からやらないと、iPhoneでは細々していてやってられない。

RSSリーダーはiPhoneのようなモバイル端末でこそ使うものだと実感し、今更ながらに便利だと感心した。
しかし、通常使用でも落ちることはあるがiPhoneのSafariでGoogleのRSSリーダーを使っていると頻繁に不具合が発生したり、強制終了してしまう。
特に元ソースのリンクを別ページで開いた後、元のRSSのページに戻るとページを再読み込みしてしまって、更に再読み込みしたものの新着はない、といった具合になりうまく稼働しない。
こうした挙動は大量のRSSをスクロールしたり既読にした後に起こりやすい。
GoogleのRSSリーダーは、MacとiPhoneの両方から使用・管理操作が反映されるので便利だが、iPhoneをメインで使うなら控えめな登録にしたり、Macの方で全て既読にしたりしないと、iPhoneで読む以外の細々とした管理を行っているとSafariに不具合が多くなるようだ。

ということで、iPhoneのAppでリーダーがないかと思ったが、まだないようだ。
というかFireFoxがAPPに参入できないようにブラウザに近い機能を持つものはApp storeに登録できないみたいだな。
だもんでSafari上でGoogleのRSSリーダーと同じように使えるMODIPHIの無料版を使ってみた。
有料版は元ソースリンクにいけるようだが、無料版は見出しくらいしか見れないからか、Safariに不具合もないし下へのスクロール時にも自動で次情報を表示してくれるし、インターフェイスもキレイだ。

とりあえずRSSリーダーが便利なことがわかっただけでも良しとする。

2008年7月17日

iPhoneでプラネテス

iPhoneで観ることのできるムービー形式はわからないが、随分前に携帯動画変換ちゃんで変換したファイルが残っていたので、iTunesに読み込ませてiPhoneと同期してみた。

auのW52SA用に変換していた.3g2形式のMPEGファイルは同期できiPhoneで再生できたが、パソコンで一般的な.MP4は無理だった。
これには画面サイズやピットレートなんかが関係するのかも。

iTunesで管理している数GBのファイルはほぼ全てが同期できるだろうから心配してないが、ビデオはどうか試してみたが従来私が扱っていたファイル形式で問題なかった。

バッテリーの面からもiPhoneで音楽を聴く気になれないし、第3世代iPodがお蔵入りしたのか売却したのか思い出せないが、音楽はiPod shuffleで事足りてしまう。

iPhoneがデータストレージとして利用できるようなアプリがリリースされる、もしくはハックが可能になると見込んで16Gを購入したが、既に可能なのか。

2008年7月14日

ヘッドホン購入


インナーイヤーのヘッドホンを手入れしてやろうと思ってイヤーピースを取り外すと、ドライバーの根元部分のハウジングがパックリ割れていた。
オーディオテクニカのATH-CK7だった。

仕方ないので代替品を探しにヨドバシカメラ梅田へ行き、散々展示品をみたあげくオーディオテクニカのATH-CKM50のブラックにした。
値段も機能もあっさりとグレードダウンした。
しかし、今までヘッドホンを横からみるとL型の耳栓タイプは購入したことはあったが、最近よくみる耳介の対耳珠に本体を引っかけるタイプ、つまりイヤーピースとハウジングがズレて取り付けてあるようなものは経験がなかったのでチャレンジしてみたかった。

装着感は、長時間使用だと対耳珠に違和感がある。
Y型コードは私の好みだからいいとしても、延長コード込みだとコードの総重量が重いので対耳珠に引っ掛けて装着するATH-CKM50だと対耳珠に負担がかかってしまう。
延長コードを使用すると延長部のコネクタが重く、また延長コードの長さが1mと長くぶらぶらしてしまい余計に重く感じる。
ATH-CK10は延長コードなしなのにな。

こうなると本体に刻印してあるRLを無視して本来の左右装着を反対にし、コードを耳の裏側からもってきて耳の上からたらして装着するようにしている。
ATH-CK7でメーカーが推奨している掛け方である。
しかし私はメガネ有りなので、耳にかけるのにコードとメガネのテンプルが奪い合いするのがウザイのと、コードに巻癖がついているので垂れているコードが顎や頬に触れるのもウザイのを我慢すればいまのところ装着感も良しといえる。

延長コードはATH-CK7と同じく三つ編みにしてみた。
音が悪くなってるんだろうが、違いもわからないし良しとする。
あるいは純正のさらに短い延長コードを購入するのもいい。

2008年7月12日

iPhone


iPhoneをヨドバシカメラ梅田で購入してきた。

発売の前日の22時から並んで実際に購入したのは99番目だった。
最終的にヨドバシカメラ梅田では500人くらいが並んだようだ。
契約は並んだ先頭から順に時間を決め、私は残っている中で一番早い13時からとした。
実際に13時からでも受付は30分くらい待たされたが、何とか契約できた。

iPhone購入後にとりあえず、ポイントでカンタービレのシリコンケースとフォーカルポイントのフィルムを購入した。
ストラップも有り合わせのをつけといた。
しかし量販のiPhoneアクセサリーの品揃えはまだまだヘボイな。

徹夜明けで眠くてしょうがないのであまり操作してない。
iTunes上で登録して、使うか分からないがメールのアドレスや変更や、パスワード変更を行った。

アプリはまだ試してないけど、文字入力は思った以上に打ちやすい。
しかし3Gでカバーしている状況は、私の行動範囲内では貧弱だ。
あとはバッテリー持続時間がどれだけあるかが重要だ。

2008年7月7日

auからiPhoneへNMPするのに

今週末からiPhoneが発売ということで、適当に近場のソフトバンクショップの相川店に電話してみたら10台くらいは入る予定とのこと。
予約は駄目だが、台数の機種やカラーの内訳がわからないっていうのは店舗規模が小さいからか。
7月11日の正午からしか登録できないとのことで、ネットで情報がでているのは正午からしか売らないということだが、同じことかな。

タイトルを書いて気付いたが、auからソフトバンクへ、ではなくiPhoneへ、と書いてしまうところは仕方がないもんか。

auを出て行くNMPの際に、誰でも割の解約時にはポイントを割り当てることはできず、私のケースではポイントをオプション品の購入くらいにしか使うことができない。
何もせずにポイントが腐ってしまうのは遣る瀬ないので、ネットでW52SAのバッテリーを注文しといた。
iPhone購入時にはキャリアを変更したいので、auでNMPの手続きをしとかないとiPhone購入時にトラブりそう。
そのために今からでは遅いが損がないような方法としてまずポイントでも使ってみた。
auからバッテリーが郵送される前に解約手続きをしてしまうと、バッテリー購入はキャンセルされるそうだ。
とりあえず届いてからNMPの手続きをする。
解約時にもICカードを残せばアプリなどは使えるよう。

iPhoneの予約はしてないし流石に当日に購入するのは無理のようだが発売後1、2か月もすれば供給量も安定するんだろう。

2008年7月1日

アフタースクール

1日ということで映画館で映画を観てきた。

ジャンルは邦画で、ライトなノリのサスペンスといえばいいのか。
今回は観たい俳優がいなかったので、消去法で残ったものを観たが、良かった。

景気が悪い社会状況にぴったりな背景だが、ストーリーの展開は古典的で、話が進むにつれて最初の状況と全く違った結末になっていき全体像がハッキリし、そのギャップと少し笑える演出で、ほんの少し笑いオチする。

大泉洋も佐々木蔵之介の演技も良く、何よりストーリーが徐々にネタばらしをしつつ最初に抱く方向とはズレてくるので話に引き込まれるが、最後の3分の1くらいはネタバレ後の俯瞰になるので、こういう映画はたくさんの人で観ると腑に落ちる感が強い。

まさに全体的に娯楽という体であまり主張するものがないので深く印象に残るもんではないような気もするが、しっかりしたストーリーだ。
こういうのはエンドロール後に必ず数カット残っていると思っていたが、その通りだった。