ページ

2008年6月6日

iPhoneはソフトバンクから

予想は外れた。

iPhoneが日本で正規に流通することになるが、各所では発売日をはじめとしてキャリア間の競争などが論じられている。

私にとってはiPhoneでSafariをはじめとしたネット利用ができればそれでいい。
音楽利用もiPod shuffleの1Gで事足りているし、できることならパソコンのモデム利用でも上限値を設けるようなデータ通信料金を安価に設定してくれれば有難い。
iPod touchは無線LAN普及の現状からも、購入しても極度な自己満足になると思い、手を出さなかった。
今回のiPhone発売で今後のiPod touchをはじめとした既存iPod製品の動向も単純に気になるところではある。

キャリア間の競争ではKDDIが、今回の夏モデルで音楽について何も手を打っていないのではないか。
確かに日本ではネット上の音楽販売はほとんどが携帯の着うたなどになることから、危機感はないのだろう。
しかし、こうしたキャリア間の競争も閉塞的な発展は勘弁してほしいもんだ。
特に、販売方式にしてもそうだがユーザーを置き去りにしたようなケースだ。

iPhoneがスマートフォン市場であるととらえて、日本のスマートフォン市場を考えてみても携帯と比べると微々たる市場だ。
しかしブランド力を背景にした料金設定と販売の仕方によっては台数も捌けるだろう。
その点、ソフトバンクは大いに期待できるが、既存メーカーとの調整もあるだろうし難しいことは確かだろう。

あとは、サードパーティーのアプリ開発環境も整備されてるしいいのだが、日本で流通する以上iPod touchのような中途半端なローカライズは止めてほしい。
WindowsMobileなんかは酷いもので、OSと端末の作り込みがほとんど行われておらず、端末で使えない機能も平気でメニューから選択できるような状況であり当時のアドエスを購入した際もすごく驚き、イーモバイルでSH11TとH11Tの選択肢ではやはりH11Tを選んでいる。

キャリアも最初はdocomoだったがauに移り、現在はW52SAだがiPhoneがでれば少し様子見して移行するだろう。
MacBookAirも1ヶ月程様子見して購入した。
本来は少なくとも半年以上は様子見をしないと、Appleの新製品発売時の初期不良の多さは定説でもあり、少し怖い。

0 件のコメント: