ページ

2008年5月8日

So-netのADSL解約へ

固定回線のADSLでも1.2Mbpsくらいしか速度が出てなかったので、イーモバイルのH11Tに変更した。

しかし他のプロバイダでは知らないが、まずSo-netのADSLは解約するのに郵送しか手段を用意していないのに驚く。
光回線はネット上の解約もOKのよう。

解約手続きなんてログインして解約にチェック入れればOKのような気がするが、そうはいかないみたいた。
IT業界以外の業種ならまだしも、プロバイダ企業がこんな手段しか用意してないのは、穿った見方をされてもおかしくないと思うのだが、どうだろう。

解約書類を申請して解約書類を郵送する間に契約月数を1、2ヶ月伸ばすだけで、事務手数料くらいにはなると計算しているのかはわからないが、すごく面倒だ。
面倒に感じるのが狙いか知らんが、解約説明項目をネット上に探すだけでも簡単に項目へ辿り着けないようなアプローチを仕掛けているし、なんなんだ。

光の契約数も構成比はそんなに高くないし、ADSL契約構成が崩れていくのを死守したいのだろうが、解約にいたる迄のサービスの印象があまりにも悪い。
するとプロバイダ契約は、解約後の出戻り率が極端に低いと考えるべきか。
私はSo-netの出戻り組なんだが、これで再度の出戻り可能性はなくなったのかも。