ページ

2008年3月31日

w3m

Zaulus SL-C860でw3mを使っていたのが懐かしく、とりあえずMacOSX105.2でMacPortを使ってw3mをインストールしてみた。

最初はconfigureから自前でインストールしようとしていたが、断念。
便利なMacPortがあるというんで、インストール後にw3mをインストールしてみたが、これも失敗。
んで、ネットのhttp://blogs.dion.ne.jp/yamaga/archives/6362416.htmlを参考にインストールしてみると成功した。
念のため手順を以下へ。

MacPortだとw3mをインストールするのは常に最新バージョンが適用されてるようで、インストール失敗はboehmgcのバージョンにあるとみているよう。
なので
sudo vi /opt/local/var/macports/sources/rsync.macports.org/release/ports/devel/boehmgc/Portfile
として、内容の変更には
versionを7.0から6.8へ
distnameを${d_name}-${version}から${d_name}${version}へ
checksumsをsha1 657d84b702a572f8a510d2c28578a6dbaad3fed2からsha1 6d5def5ba5d29292ba9c76f04df3ec06d3ab3278へ変更して保存する。
Macを再起動後、sudo port install boehmgcとして、念のためまた再起動。
そんで sudo port install w3mでインストールも成功した。

あとはブックマークを作ってから操作を覚えていけばいいか。

0 件のコメント: