ページ

2008年2月26日

描画の乱れ

QuartzGLをオンにしていると、よく使用するSafariで最近、少しだけだが描画の乱れが見られるようになった。
例えば文章中の一字だけが欠ける、もしくは全く異なる字がズレて重なっているなど、だ。
このほかには、Word2008のプリント時の描画が恐ろしく崩れているくらいだが、機能的に問題はない。
現状では、目に見える症状は描画が乱れているだけであり、作業に支障はない。

QuartzGLに関係なく、1.6GHz、80GBのMacBookAirはOSの起動やアプリの起動をはじめ、レスポンスが少し遅い。
まだSafariやMailなどしかメインに使用してないが、Microsoft Office 2008も初期ロットの完成度が高くないんだろうがどうも遅い。

今まで使用した最高スペックはMacBookの1.83GHz、Core Duoのメモリ2GBだったのでMacBookAirは多少もっさり気味という程度だが、今のMac mini、1.5GHz、Core solo、メモリ1GBのLeopardの方が動作レスポンスは速く感じる。

0 件のコメント: