ページ

2008年1月27日

まだやね

MacBookAirはとにかく現物に触れたいもんだ。
今後すぐにラインアップやMacBookシリーズの様相が大幅に変化するとは思えないが、MacBook発売時のように早期のスペックアップが予想されることからも、買換えを前提に考えると1.6GHzの80GB購入かも。
ベンチマークから判断できるが、遅いのは覚悟の上か。

どちらかというと、すぐにでもiPhoneが日本で発売されれば、MacBookAirの魅力は大幅減が必死だろう。
とても等価な代替とはいえないが。
そうなるとMacBookAirが日本向けを強く意識したというのは単なるリップサービスだったか、戦略ミスになるのか。
最近、Appleは金の亡者的な印象がぬぐえないが、ブランドイメージの堅持なら納得もする。

しかしRemote Discはメディアコンテンツの再生ができないようだが、これは致命的だ。
購入するとすればApple USB EthernetアダプタとともにMacBookAir SuperDriveも追加か。